よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」
年間200食もの牛肉を食べるという、名実ともに肉バカ、小池克臣が日々蓄えてきた肉への愛、知識、体験……そのすべてを注ぎ込む究極の肉コラムがここに。肉好きはもちろん、そうでなくても知っておくべき肉のあれこれが満載!

1年間誰よりも和牛を食べまくった肉バカが捧げる【焼ニシュラン2019】その1

2019年もとにかく和牛を食べた。
いや、食べまくった。
その回数、300回を優に超える。

そんな2019年を振り返って、私、肉バカ個人の独断と偏見によって、絶対に食べるべき最高の焼肉だけをここに紹介したい。

情報が溢れ過ぎ、何が真実かが分かりにくい世の中だからこそ、肉バカが心血注いで捧げる「焼ニシュラン」を参考にして、自分好みの焼肉屋を見つけて欲しいのだ。

2019年に食べた和牛の数は300以上
2019年に食べた和牛の数は300以上

焼ニシュランとは『ミシュラン東京ガイド2008』(2007年11月出版)から遅れること約4年、2011年から年に1度公表している肉バカによる焼肉ガイドである。

ただし、今回の焼ニシュランでいえば、2019年に食べた焼肉の中だけで判断しているため、どんなに良いお店であっても2019年に食べていなければここにはランクインさせていない(とはいえ、本当に良いお店に1年もご無沙汰することはほぼないが)。

また、食べてはいても、たまたまハズレだった場合には載せていないし、逆もまた然り、だ。

焼ニシュラン最新版、いよいよ発表!
焼ニシュラン最新版、いよいよ発表!

星付き焼肉店の全てを一気に紹介するのは難しいため、今回は3つ星と2つ星の焼肉店を紹介し、次回の肉バカ日誌にて1つ星の焼肉店を紹介する。

☆☆☆【このお店の存在自体が奇跡だと思う】
3つ星焼肉店は、昨年の「焼ニシュラン2018」から変更がなかった。
他のお店で食べれば食べるほど、結局3つ星焼肉店に戻ってきてしまうのだ。

それほどまでに、この4店のレベルが高い。
くにもと 本店/新館
ゆうじ
YORONIKU 蕃
しみず

奇跡の3つ星店は不動の四天王
奇跡の3つ星店は不動の四天王

☆☆【一度でも食べれば完全にお店の虜になってしまう】
2つ星焼肉店はニューフェイスも含めて変動がある。
ここの変動こそが、焼肉業界のレベルの高さを表していると言っても過言ではない。
スタミナ苑
焼肉 なかはら
ジャンボ 篠崎本店/本郷店/はなれ/白金店
金竜山
らいもん
虎の穴
誇味山
名門
うしごろ
銀座 コバウ
コソット 弦巻/sp
いぶさな
・満月
都内某所R

2つ星全店を制覇せずに肉好きを名のることはできない
2つ星全店を制覇せずに肉好きを名のることはできない
1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事