よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」
年間200食もの牛肉を食べるという、名実ともに肉バカ、小池克臣が日々蓄えてきた肉への愛、知識、体験……そのすべてを注ぎ込む究極の肉コラムがここに。肉好きはもちろん、そうでなくても知っておくべき肉のあれこれが満載!

東京最高峰の焼肉をリーズナブルに味わえる裏ワザを伝授

かつて、東京都荒川区という下町にあった焼肉屋【七厘】。

今回話すことは、今となっては東京焼肉の伝説と言っても過言ではないだろう。

とにかく店主がヤバイ。
今でもかすかに面影が残っているが、学生時代はミスター青学に輝くなどイケメンぶりを発揮していた。

今でこそ硬派っぽく気取っているが、当時はたぶんチャラチャラしていたのだろう。
大学卒業後にテレビ局に入社し、誰もが羨む生活を送っていたはずだが、突如会社を辞め、奥さんの実家の焼肉屋を継いだ。

全くのド素人だったにもかかわらずだ。

店主が常人と違うのはここからで、何のコネもなかった東京食肉市場に飛び込む。
どこの誰かもわからない若造だったこともあり、誰にも相手にされない日々を過ごすが、それでもひたすら通い続ける。

そんな店主の姿を見続けた人たちから声をかけてもらい、和牛のイロハを学べるようになったのだ。

店主が継ぐ前の七厘は輸入牛をメインに扱う、ありふれた下町の焼肉屋だったが、店主はそれを和牛に切り替え、さらに和牛の中でも上質な長期肥育された雌牛だけを扱うようになった。

ただし、肉のクオリティが上がったからといって、すぐにお客が増えるわけではない。

当然値段が上がれば、今まで来てくれていたお客の中にも、来なくなる人たちがいるだろう。

それでも痩せ我慢をして、信念を貫き続けることで、ゆっくりと評判が広がっていった。
そして、最終的には一般の人から肉マニアまで絶大な人気を得るようになり、予約の取れない超人気店にまで登りつめていく。

転機は2014年。
三ノ輪の七厘を閉め、市ヶ谷に【炭火焼肉なかはら】として移転オープンしたのだ。

お店は今までより大きくなった。
お客により快適に過ごしてもらえるよう、スタッフも増やした。
提供する焼肉のクオリティをさらに上げるために、アラカルトではなくコースのみにした。
扱う牛肉は、さらに妥協がなくなった。

そして、東京最高峰のクオリティを誇る焼肉が完成したのだ。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事