よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」
年間200食もの牛肉を食べるという、名実ともに肉バカ、小池克臣が日々蓄えてきた肉への愛、知識、体験……そのすべてを注ぎ込む究極の肉コラムがここに。肉好きはもちろん、そうでなくても知っておくべき肉のあれこれが満載!

食べログ全国No.1に輝く焼肉店「金竜山」の真髄を教えよう

日本最大のグルメサイト、「食べログ」。

その食べログの焼肉ジャンルの中で日本一に輝き、圧倒的に人気を誇っているのが【炭焼 金竜山】だ。
今回は、15年以上前からこちらに通い続ける肉バカが、金竜山の魅力について語りたい。

東京・白金にある金竜山の最寄りの駅は、白金高輪。
最寄と言っても駅から10分以上歩いてやっと到着する、お世辞にも便利とはいえない場所にある。

目の前にはキレイなマンションがあるが、それ以外は昔から変わらない住宅街で、人通りも決して多くなく、この辺を歩いてるのは隠れ家的なレストランを利用する業界人か、金竜山のお客さんくらいだろう。(たぶんw)

金竜山を一言で表現するとしたら……それは「雪山」だ。

金竜山で仕入れる和牛は細かなサシが散りばめられ、まるで上質なパウダースノーのよう。
最近霜降りが食べれなくなったとか、赤身ブームだとか、そんな話が耳に入ってくるが、金竜山のお客さんに限っては、そんな言葉はまったく聞いたことがない。

和牛の最大の特徴である霜降り、その霜降りをみなが心ゆくまで楽しんでいる。
そして、金竜山は霜降りの和牛を美味しく食べれる工夫をとことん追求している。

それが支持された結果こそ、食べログの全国No.1なのだ。

激選の食べログ内で、焼肉日本イチの座を獲得する金竜山
激選の食べログ内で、焼肉日本イチの座を獲得する金竜山
1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事