よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

1年間誰よりも和牛を食べまくった肉バカが捧げる【焼ニシュラン2019】その3・☆獲得店一挙公開!

☆【川崎の金竜山】[好楽園]

勝手に「川崎の金竜山」と呼んでいる川崎の楽園。

リブロースの芯や巻きをカルビとして食べさせてくれるのだが、その霜降りによる脂の重たさを感じさせないタレのクオリティが凄い。

もちろんご飯が進んで仕方ない。

食べたいメニューを片っ端からオーダーして、一気に食べるのが好楽園には合っている。

極上ダレのクオリティがすさまじい
極上ダレのクオリティがすさまじい

☆【ハイクオリティホルモン焼き店の飲み放題セルフ焼肉】[三百屋 F3]

神泉にあるホルモン焼きの名店、三百屋。

1階は通常のホルモン焼き、2階はコース仕立てのホルモン割烹、そして3階にオープンしたのが三百屋F3。

流行の飲み放題付きセルフ焼肉だが、そのクオリティがホルモン好きを唸らせる。

三百屋で普通に食事をしたことがある人なら想像付きだろうが、あのクオリティがF3でも再現されているのだ。

飲み放題付きセルフ焼肉の常識を覆すレベルの高さ
飲み放題付きセルフ焼肉の常識を覆すレベルの高さ

☆【うしごろ系列の底上げを感じるクオリティ】[うしごろバンビーナ 銀座店]

何年も前に恵比寿にあるうしごろバンビーナに入ったことがあった。

カジュアルにおしゃれな焼肉を楽しむことが出来る良いお店であったので、人に勧めることは出来るが自分では滅多に行かないジャンルの焼肉という印象。

ところが、会社の忘年会で銀座店にいって、その進化に驚かされた。
のざき牛を中心に揃えられたお肉は、脂があっさりとしていて噛むほどに旨みが溢れる。

多店舗展開といって敬遠していた自分が恥ずかしいレベルだ。

チェーン店を侮ってはいけなかった!
チェーン店を侮ってはいけなかった!
1 2 3 4 5 6 7 8 9

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事