よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

1年間誰よりも和牛を食べまくった肉バカが捧げる【焼ニシュラン2019】その3・☆獲得店一挙公開!

☆【ハワイからやってきた黒船】[焼肉冷麺ユッチャン。]

ハワイで人気のユッチャンが六本木にオープン。

ハワイの同店譲りの冷麺とLAカルビだけでなく、日本では焼肉も外せない。

あえて希少部位をうたうようなお店ではく、メニューはシンプルにカルビやロースという言葉が並ぶ。
個人的にはザブトンを使った上カルビやシンシンなどが使われる赤身を毎回オーダーしてしまう。

肩肘張らずに焼肉を楽しめる貴重な存在だ。

肉バカが必ずオーダーするザブトンの上カルビ
肉バカが必ずオーダーするザブトンの上カルビ

☆【線路沿いで食べる極上ハラミ】[光陽]

大崎駅から徒歩1分。
線路沿いにあるオンボロの看板に哀愁を感じさせる焼肉店、光陽。

外観からはあまり期待が高まらないが、お皿が運ばれてくると状況が一変する。

特に肉厚なハラミは秀逸。

仕入れ業者との長い付き合いだけが、こんな仕入れを可能にしているのだろう。

外観からは想像できない極上ハラミが待っている
外観からは想像できない極上ハラミが待っている

☆【内臓卸の直営店だからこそ可能な極上のホルモン】[松阪牛 田じま]

東陽町にある田じまは、東京食肉市場の内臓卸である田島商店直営の焼肉店。

とにかくその強靭な仕入れ力をまざまざと見せつけられる。

どこの焼肉店でも品薄なタンやハラミは、常時在庫があり、いつ行っても最高のクオリティだ。
それ以外のホルモンも鮮度抜群で、臭みなど一切感じられない。

内臓好きの聖地がここにある。

内臓卸会社直営店ならではの仕入れ力で、肉のクオリティでは他店の追随を許さない
内臓卸会社直営店ならではの仕入れ力で、肉のクオリティでは他店の追随を許さない
1 2 3 4 5 6 7 8 9

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事