よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

1年間誰よりも和牛を食べまくった肉バカが捧げる【焼ニシュラン2019】その3・☆獲得店一挙公開!

☆【衰えぬ爆発力を持った焼肉】[焼肉酒家 傳々]

10年ほど前は毎月の様に通った傳々。

今ではその頻度も落ちたが、変わらず通い続けている。
その理由は、焼肉の基本ともいえるニンニク、ネギ、ごま油という三種の神器の使い方が天才的だから。

もちろん、仕入れているホルモンやお肉も良い。

ニンニク、ネギ、ごま油。この天才的なバランスが味わえるのは「傳々」だけ
ニンニク、ネギ、ごま油。この天才的なバランスが味わえるのは「傳々」だけ

☆【大阪府大正区にあるこだわりの仕入れ】[たつみ]

肉バカが勝手に抱いている大阪焼肉のイメージから逸脱してるのがたつみ。

手頃な値段の仕入れではなく、生産者までこだわり抜いた仕入れで魅せてくれるのだ。

しっかりとした肉の味で勝負する焼肉は、いくらでも食べてしまいそうになる。

肉バカの大阪焼肉に対する固定観念の壊してくれた名店
肉バカの大阪焼肉に対する固定観念の壊してくれた名店

☆【老舗中の老舗焼肉】[スタミナ苑(北砂)]

江東区北砂にあるスタミナ苑。

有名な鹿浜のスタミナ苑とは一切関係がない。
ただし、創業は70年ほどの超につく老舗だ。

老舗の看板に胡座をかく事なく、常に進化を続ける姿にリスペクト。

貪欲に進化を続ける下町焼肉の超老舗
貪欲に進化を続ける下町焼肉の超老舗
1 2 3 4 5 6 7 8 9

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事