よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

1年間誰よりも和牛を食べまくった肉バカが捧げる【焼ニシュラン2019】その3・☆獲得店一挙公開!

☆【阿佐ヶ谷にあった超名店焼肉】[香苑]

残念ながら、今はもう香苑はない。
2019年に閉店してしまったのだ。

ごま油をたっぷりと入れたお皿に盛られたお肉はどれも美味しかった。

肉バカも閉店のちょっと前に初めて行ったニワカファンだが、あの味がもう食べれないのは悲しい。

肉バカも一度しか行けなかったことが悔やまれる
肉バカも一度しか行けなかったことが悔やまれる

☆【月島を再び焼肉激戦区にする新店】[月島焼肉 牛タン処 兎月]

店主は元々月島の「傳々」出身。
そこから湯島の「一輪咲いても花は花。」で働き、今回地元月島で独立を飾った。

焼肉は間違いなく美味しいが、個人的には餃子や唐揚げといった牛肉料理の数々。

お酒は飲めないが、これをつまみに烏龍茶を飲むのが至福なのだ。

一口噛めば熱々の肉汁が溢れ出すホルモン餃子
一口噛めば熱々の肉汁が溢れ出すホルモン餃子

☆【ホルモンの名店出身の店主が繰り出すホルモン焼き】[新井屋 阿佐ヶ谷店]

ホルモン焼きの名店として知られる山田屋出身の店主がオープンさせた新井屋。

店主の履歴書通り、タンやハラミの仕入れは素晴らしいのひとこと。

肉好きなのが伝わる店主の笑顔が、さらに美味しい調味料になっている。

店主の肉愛を感じる上質なタン
店主の肉愛を感じる上質なタン
1 2 3 4 5 6 7 8 9

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事