よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

1年間誰よりも和牛を食べまくった肉バカが捧げる【焼ニシュラン2019】その3・☆獲得店一挙公開!

☆【銀座の路地裏にひっそりと佇むカオス】[都内某所T]

銀座の焼きにいえばオシャレな高級焼肉を想像するが、そんなイメージとは似ても似つかぬ焼肉店がある。

今時のビルが並ぶ通りを路地に入ると赤い看板が目印。
女店主のワンオペなので、オーダーは手短に一気に決めてしまおう。

お店の看板メニューはロース。

薄切りにしたお肉を甘みのある独特なタレでつけ焼きに。
ロースターの火力の弱い真ん中で焼くことを指示されるが、これを守らないと女店主に怒られる。
どこまでも柔らかなロースをタレが包み込み、中毒になるほどの美味しさがある。

店名を公表しないが、生粋の焼肉好きであれば、自然と辿り着くだろう。

病みつきになるうまさとは、まさにこのこと
病みつきになるうまさとは、まさにこのこと

☆【東京ベスト3に入るスーパーニンニク焼肉】[都内某所S]

西東京市にあるS。

恵比寿にある名店(焼ニシュラン2つ星)出身の店主が鮮度抜群なホルモンを丁寧な仕事で昇華させている。

店主は仕入れが大変だというが、タンやハラミは文句なしの極上品。
それらをたっぷりのニンニクに絡ませ焼く。

食欲を刺激する香りが立ち込めるが、焼き上がるまでとにかく我慢。

その我慢の先にある至福は何物にも変えがたい。

我慢こそ最高のスパイス!?
我慢こそ最高のスパイス!?
1 2 3 4 5 6 7 8 9

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事