よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

1年間誰よりも和牛を食べまくった肉バカが捧げる【焼ニシュラン2019】その2

☆☆【多彩な味付けで魅了する神戸の輝き】[満月]
焼肉のレベルが高い関西で、肉バカが味で選ぶ焼肉なら、お馴染みの多平と神戸の満月が抜きん出ている。

満月で最も感動するのが多彩な味付けの妙。
野菜やフルーツをふんだんに使い、炙り系のメニュー、霜降りの部位や赤身の部位に応じた、見事な味付けを確立している。

コースでお願いすれば、生や炙り系の盛り合わせ、塩の味付けの盛り合わせ、最後はタレの盛り合わせという順に楽しませてくれる。

素材の持ち味を消し去ることなく、酸味や甘味で引き立てる技術は他店ではお目にかかれない凄さがある。

部位ごとに異なる味付けが肉の旨味をより一層引き立てる
部位ごとに異なる味付けが肉の旨味をより一層引き立てる

☆☆【食べる者全てを引き込むハラミの魔力】[虎の穴]
焼ニシュラン2018では1つ星焼肉店だった虎の穴は2つ星に。

この躍進の理由は、虎の穴の代名詞であるハラミがメキメキと美味しさを高めていること。
かつて辛さんがお店にいた頃のようなクオリティが出ているのだ。

ハラミを食べれば、それだけで虎の穴のレベルが分かる。
特塩と呼ばれる極厚のハラミは、ニンニクがしっかり効いたパンチのある味付け。
それを炭火でギュッと焼くことで旨味が凝縮して噴きだす。

ダメ人間セットと呼ばれるタレのハラミも唯一無二の味わい。
これ以上白米に合う焼肉を他にしらない。

ハラミ以外のホルモンも全て旨い。

ただし、虎の穴のホルモンのポテンシャルを引き出すには熟練の火入れ技術が要求される。
焼きの修行の場として通い詰めるのは良いかもしれない。

「虎の穴」のハラミは一体どこまで進化を遂げるのか……!?
「虎の穴」のハラミは一体どこまで進化を遂げるのか……!?

☆☆【一度でも食べればお店の虜になってしまう】
他の2つ星焼肉店は以下の通りで、昨年とほぼ同じラインナップ。
焼ニシュラン2018で復習も忘れず行って欲しい。

スタミナ苑
炭火焼肉なかはら
焼肉ジャンボ
金竜山
らいもん
うしごろ
銀座コバウ
コソット
いぶさな
都内某所R

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事