よみタイ

酒井順子「言葉のあとさき」
時代が変われば言葉も変わる。
そして、言葉の影に必ずついてくるのはその時代の空気。
かつて当然のように使われていた言葉が古語となり、流行語や略語が定着することも。
言葉の変遷を辿れば、時代の流れにともなう日本人の意識の変容が見えてくる……。
近代史、古文に精通する酒井順子氏ならではの冴えわたる日本語分析。

「生きづらさ」のわかりづらさ

言葉のあとさき 第14回

「生きづらさ」という言葉が流行っています。
「生きづらさを抱えたあなたへ」
 とか、
「生きづらい世の中に負けない」
 といった文を読む度に、「はたして私は、『生きやすい』のか『生きづらい』のか?」と、自問するのでした。
 性格は暗いしいつも少数派だしひねくれているし意地悪だし……ということで、
「ああ、生きるって楽しい!」
 と思ってきたわけではない。とはいえそれなりに楽しいこともあって、
「ええ、生きづらいんです私」
 と、堂々と言うのも、気がひける。というよりも、「生きづらさ」の正体が今ひとつ、私にはわかっていないのです。
「生きづらい」という状態は、主に若者にあてはまるのだと思います。五十代とか六十代にもなって、
「私、生きづらいんです」
 と真顔で言ったとて、
「えーとこの五十年の間に、その生きづらさを自分で解決することはできなかったんですかね?」
 と思われるのが関の山。
 まだ物心両面で生きるすべを確立していない時期にある人が、何となく心の晴れない日々を過ごしている時に、「生きづらさ」という言葉は適用されることは、何となくわかる。では昔は、生きづらさを抱えている人はいなかったのだろうか。
 ……と考えると、若者が抱きがちな悶々もんもんとした気分は、昔は「悩み」というシンプルな言葉で表現されていたのです。
 仲間はずれにされたといっては悩み、成績が今ひとつといっては悩み……ということで、若い頃は誰しも、悩み多き日々を過ごすもの。鬱々と悩んでいる若者がいたならば、大人達は「ま、若いから色々あるだろう」と、放置していました。人は悩むことによって成長していくのだから、と。

1 2 3 4 5

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

酒井順子

さかい・じゅんこ●1966年東京生まれ。高校在学中から雑誌にコラムを発表。立教大学社会学部観光学科卒業後、広告会社勤務を経て執筆専業となる。
2004年『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞。
著書に『下に見る人』『ユーミンの罪』『地震と独身』『裏が、幸せ。』『子の無い人生』『百年の女「婦人公論」が見た大正、昭和、平成』『駄目な世代』『次の人、どうぞ!』『男尊女子』『家族終了』『ガラスの50代』『処女の道程』『鉄道無常 内田百閒と宮脇俊三を読む』など多数。

週間ランキング 今読まれているホットな記事