よみタイ

誰でも立ち入り可能な陸上自衛隊実弾演習場を、100倍楽しむ方法

入山鑑札をもらうため訪ねた、組合の事務所で待っていた試練

そんなわけでまずは、富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合役場ふじよしだしほかにかそんおんしけんゆうざいさんほごくみあいやくばという早口言葉のような施設を訪ねます。

「ふじよしだしほかにかそんおんしけんゆうざいさんほごくみあいやくば」
「ふじよしだしほかにかそんおんしけんゆうざいさんほごくみあいやくば」

こうしてしっかり下調べし、申請しようとしている時点で、ディストピアでもなんでもないのですが、こういうのはちゃんとやらなければなりません。
役場事務所で職員さんにおずおずと「あのー、入山鑑札をいただきにきたんですけどぉ……」と声をかけます(こんなマッドマックス、いたら嫌ですね)。

対応してくれたのは、中学校の教頭先生タイプの、真面目そうな初老男性職員。
メガネの奥の鋭い眼差しで僕の風体を一瞥すると、低いテンションで「どうぞ」とデスク前の椅子を指し示します。
そして「どこの山に入ろうとお考えですか?」と尋ねられました。
急に面接みたいなのが始まり、ソワソワしてしまいます。
僕「え、あのー。北富士演習場に」
教頭「なるほど。私どもの管理地です。どんな目的で?」
ヤバい。なんか、冷や汗が出てきました。
この教頭先生に対し、怒りのデスロードがーとか、爆裂都市バーストシティがーとか、レプリカントがーなんて答えても埒が明かなそうです。

「はあ、なんと言いますか。あのその。自然や景観を楽しむために。写真など撮ろうと思っていまして」
しどろもどろで、でもできる限り正直に答えました。
「わかりました。実はですね……」
教頭先生の説明によると、他所から来て演習場に立ち入ろうとする人に、危険なオフロード走行目的が多く見受けられ、大変な問題になっているとのこと。
未舗装路を猛スピードで走る彼らによる事故も多発していて、警察も入り厳重警戒をしているということでした。

まあ、道なき道を走ってみたいという目的は一緒かもしれませんが、サブカル派の僕のメンタルはオフローダーのそれとはまったく違い、危険運転をやりたいなどと思っちゃいません。
(滅相もない。そんな危険人物に見えますか?)と、マスクをしているので目だけで必死に訴える僕に、教頭は「あなたのクルマ、車種はなんですか?」と冷静に詰問します。
スバルXVであることを伝えると、教頭の顔色は一瞬さらに険しくなりました。
「四輪駆動車はすべて警戒対象になっています。鑑札は発行しますが、現地で警察に声をかけられたりするかもしれませんのでご承知おきを。そしてくれぐれも、そういった危険行為はなさらないように」と釘を刺されました。

「はい、もちろん! 大丈夫です」
思い切り爽やかな表情と声色をつくり、模範的な態度で教頭先生の面談をなんとか切り抜けました。
マッドマックス感はますます薄まりましたが、背に腹は変えられません。
でも、「不発弾が落ちているかもしれないので、金属片には触れないでくださいね」という教頭先生の言葉に背筋がゾワっとし、ディストピアに向かう気分が少しだけ復活しました。

入山鑑札とともに、入山の心得を渡される。ルールは守って楽しみましょう
入山鑑札とともに、入山の心得を渡される。ルールは守って楽しみましょう
1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Facebookアカウント
  • よみタイX公式アカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

佐藤誠二朗

さとう・せいじろう●児童書出版社を経て宝島社へ入社。雑誌「宝島」「smart」の編集に携わる。2000~2009年は「smart」編集長。2010年に独立し、フリーの編集者、ライターとしてファッション、カルチャーから健康、家庭医学に至るまで幅広いジャンルで編集・執筆活動を行う。初の書き下ろし著書『ストリート・トラッド~メンズファッションは温故知新』はメンズストリートスタイルへのこだわりと愛が溢れる力作で、業界を問わず話題を呼び、ロングセラーに。他『オフィシャル・サブカル・ハンドブック』『日本懐かしスニーカー大全』『ビジネス着こなしの教科書』『ベストドレッサー・スタイルブック』『DROPtokyo 2007-2017』『ボンちゃんがいく☆』など、編集・著作物多数。

ツイッター@satoseijiro

週間ランキング 今読まれているホットな記事