よみタイ

誰でも立ち入り可能な陸上自衛隊実弾演習場を、100倍楽しむ方法

やって来た果てしなき自由の大地=北富士演習場の楽しみ方

手数料200円也で「入山鑑札」という名のディストピアへのパスポート(2ヶ月間有効)をゲットした僕は、さっそく北富士演習場へと向かいました。
旧鎌倉往還である国道138号線を富士山側に折れ、東富士五湖道路のガードをくぐると、演習場のゲートが見えてきます。
普段、一般車両はここまでしか行けませんが、今日は立入日たちいりびのためゲートは開いており、受付も何もなくフリーパスで演習場へと入ることができました。

いかにも軍事基地っぽいゲートを通り抜け
いかにも軍事基地っぽいゲートを通り抜け

あとはまったく自由に、4597ヘクタール、つまり東京ディズニーリゾート約46個分という、異様にだだっ広い原野の中を走り回ることができます。
場内はダート道が縦横に張り巡らされていますが、カーナビに表示されないし、ところどころ設置されている案内表示は自衛隊の中の人用の非常にざっくりしたものなので、基本的に自分が今どこを走っているのか、さっぱりわかりません。

やって来ました北富士演習場
やって来ました北富士演習場

後から調べたところによると、Googleマップの航空写真表示を使えば、ある程度の道はわかるそうですが、そんな知恵は浮かばなかったので、僕はただ闇雲に走り回りました。
でも、自分の勘だけに頼って走っていると、当初の「毒に侵された苦しみの荒れ地を一人さすらう」という妄想に浸りやすく、なかなかいい感じです。
僕の車に搭載されているのはV8エンジンではなく、水平対向4気筒エンジンですが、さすがは走破性に定評のあるスバルだけあって、ダート道を快調に走ってくれます。

数多い不発弾に関する注意書きだけではなく、「戦車射場」「RL(ロケットランチャー)射座」「弾着区域 危険」などという標識に、男心がいちいちざわめきます。

ミリオタでなくても気持ちが昂る数々の標識
ミリオタでなくても気持ちが昂る数々の標識

やや薄曇りの日でしたが、富士山や山中湖の眺めも素晴らしく、「ああ、来てよかったな〜」と晴れやかな気分になりました。

美しい富士山や山中湖の眺望
美しい富士山や山中湖の眺望

ただ納得いかなかったのは、確かに教頭の言っていたとおり、オフロード走行目的の人たちの多いこと。
っていうかゲートもフリーパス状態だったし、あの人たちそもそも入山鑑札をもらっているのか? と訝しく思いました。

先生にきちんと話にいった人だけが、なぜか職員室で説教を食らうという“優等生あるある”パターンではないか!
そんなことを考えていたら、せっかくの気分がモヤモヤしはじめたので、カーオーディオでバカやかましいハードコアパンクや、最近のマイブームであるインダストリアルミュージックを大音量で流し、窓全開で走り回りました。もちろん安全な速度で。
そしたら、あら不思議。気分は再びスッキリ。

装甲車や戦車の耐弾試験に使われる「徹甲弾ドーム」。異界への入り口かと思った
装甲車や戦車の耐弾試験に使われる「徹甲弾ドーム」。異界への入り口かと思った

禁忌されているオフロード走行ばかりがここの楽しみ方ではありません。
たまにすれ違う車以外、見渡す限り誰もいない原野なので、僕のような音楽好きは爆音で曲をかけるとめちゃくちゃ楽しく、いい気持ちになれます。
大声で歌ったり、思い切り楽器を弾いたとしても、誰にも文句は言われません。
野鳥や植物、昆虫観察、山菜採取……、それにコスプレマニアには絶好の撮影ポイントがたくさんあります。

つい自撮りも捗るフォトジェニックなロケーション
つい自撮りも捗るフォトジェニックなロケーション

キャンプや火気の使用はNGとか、一定の制約はありますが、十人十色の楽しみ方が必ず見つけられる場所なので、ぜひ一度行ってみることをおすすめします。
その際は教頭先生へのご挨拶、つまり入山鑑札取得を忘れずに。

この連載が単行本になりました!

当連載が『山の家のスローバラード ~東京⇔山中湖 行ったり来たりのデュアルライフ』として単行本になりました! ぜひお求めください。

出版社:百年舎
判型:四六判ソフトカバー
ページ数:264ページ
ISBN:978-4-9912039-2-3
発売日:2023年11月15日
定価:2000円+消費税

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Facebookアカウント
  • よみタイX公式アカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

佐藤誠二朗

さとう・せいじろう●児童書出版社を経て宝島社へ入社。雑誌「宝島」「smart」の編集に携わる。2000~2009年は「smart」編集長。2010年に独立し、フリーの編集者、ライターとしてファッション、カルチャーから健康、家庭医学に至るまで幅広いジャンルで編集・執筆活動を行う。初の書き下ろし著書『ストリート・トラッド~メンズファッションは温故知新』はメンズストリートスタイルへのこだわりと愛が溢れる力作で、業界を問わず話題を呼び、ロングセラーに。他『オフィシャル・サブカル・ハンドブック』『日本懐かしスニーカー大全』『ビジネス着こなしの教科書』『ベストドレッサー・スタイルブック』『DROPtokyo 2007-2017』『ボンちゃんがいく☆』など、編集・著作物多数。

ツイッター@satoseijiro

週間ランキング 今読まれているホットな記事