よみタイ

ザ・スタークラブのHIKAGEが大病を患ってから深く考えるようになった“生きることのリアル”とパンク哲学

元「smart」編集長・佐藤誠二朗によるカルチャー・ノンフィクション連載「Don't trust under 50」。

ザ・スタークラブのHIKAGEのストーリーも3回目。前回は、地元である名古屋への想いと東京に進出した当時の風景について語ってもらった。今回のストーリーは、ファンとシーンを驚かせ心配させた2015年春、急性心筋梗塞で倒れたときからスタートする。

(全4回の3回目 #1 #2 #3 #4

業界を震撼させた、2015年春“HIKAGE倒れる”の報

 中学生の頃からザ・スタークラブのファンだった僕が、憧れのパンクスター・HIKAGEに取材で会うのは、今回が2回目だ。これを俗に役得という。2014年11月に初めてお会いしたとき、HIKAGEとは無骨で漢気がありつつ、懐が深くとても穏やかな人物であるという印象を持った。

 そして今回のインタビューを終えて僕は、HIKAGEという人の魅力をより一層強く感じるようになった。淡々とした語り口で言葉を紡ぐHIKAGEは、良いことばかりではなく、ネガティブなことも包み隠さずに話す。虚飾のない正直な発言の一つ一つは、重く強い印象として残っていく。
 そうか、これもまたHIKAGE流の“パンク”なのではないか。僕は勝手ながら、そんなふうに理解した。

2023年4月8日、新宿LOFTのライブ。今も変わらず魂を込めて歌うHIKAGE。(撮影/円山正史)
2023年4月8日、新宿LOFTのライブ。今も変わらず魂を込めて歌うHIKAGE。(撮影/円山正史)

 前回、2014年の取材の際は、撮影中もインタビュー中もひっきりなしにタバコに火をつけていたのが気になった。そしてその数ヶ月後、2015年の春にHIKAGEは病に倒れる。急性心筋梗塞だ。“HIKAGE倒れる”のニュースは音楽業界やファンの間であっという間に広がり、心配する声が高まった。
 しかし復活は早かった。入院・療養の末、倒れてからわずか1ヶ月半後には、ステージに戻ったのである。

「知り合いがやっている洋服の展示会場で、胸が急に痛くなって。これはヤバいかなと思って、タクシーで病院へ行ったら、心筋梗塞で即入院。原因は色々あるんだろうけど、とにかくタバコをよく吸ってましたから。まわりには悪い友達が多かったから、みんな16歳とか17歳ぐらいから吸いだしてたんだけど、俺は逆に、みんなと一緒になって吸うのは格好悪いと思って、20歳になるまでやらなかった。でもその後、チェーンスモーカーになっちゃって。
 倒れた後はスパっと完全にやめたので『あんなに吸っていたのに』と周りから驚かれたけど、中毒というより吸うのが癖になっていただけなんで、もう吸いたいとも思わなかったんです」

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Facebookアカウント
  • よみタイX公式アカウント

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

佐藤誠二朗

さとう・せいじろう●児童書出版社を経て宝島社へ入社。雑誌「宝島」「smart」の編集に携わる。2000~2009年は「smart」編集長。2010年に独立し、フリーの編集者、ライターとしてファッション、カルチャーから健康、家庭医学に至るまで幅広いジャンルで編集・執筆活動を行う。初の書き下ろし著書『ストリート・トラッド~メンズファッションは温故知新』はメンズストリートスタイルへのこだわりと愛が溢れる力作で、業界を問わず話題を呼び、ロングセラーに。他『オフィシャル・サブカル・ハンドブック』『日本懐かしスニーカー大全』『ビジネス着こなしの教科書』『ベストドレッサー・スタイルブック』『DROPtokyo 2007-2017』『ボンちゃんがいく☆』など、編集・著作物多数。

ツイッター@satoseijiro

週間ランキング 今読まれているホットな記事