よみタイ

小人が見える女子大生

小人が見える女子大生

「彼女の荷物をまとめて送ってあげたいから、手伝ってくれませんか」
 そのすぐ後のことだ。元彼氏からの依頼で、俺とサークル仲間数人は、ユキがいなくなった後の部屋にお邪魔した。
 うちらが荷物を整理していると、元彼氏は「これですよ」と、例の足跡がついたまな板を見せてきた。
「この足跡。洗っても落ちないんですよ。ユキが怖がるから、業者に出して削ってもらったりもしたんです。戻ってきたばかりの板を、僕も確認しました」
 でもやっぱり足跡はついたままだった、というんだ。
「部屋が水浸しになった時もです。僕がタオルで拭いていると、同じような濡れた足跡が、壁のあちこちについていて……」
 どんどん続く告白に、皆の作業の手が止まった。不穏な空気を察したのか、元彼氏は苦笑いしながら「いや、僕だって小人なんて知りませんよ。見たのはどれも足跡だけですから」と言い訳してくる。

「ただちょっと……。皆にも見てほしいんです」
 そう言われた俺たちは、窓ガラスや鏡、ステンレスの流し台などを確認していった。
 確かに部屋のあちこちに、似たような汚れが幾つも幾つも残っていた。
 それらは全て、小さな足の裏の形をしていた。

8月の『日めくり怪談』特集一覧
8月2日 空を飛ぶ夢を見るようになったら
8月6日 あの家に住んでいた頃のこと
8月9日 川の上流から流れてくるもの
8月13日 「チヨちゃんが来たんだね」
8月16日 小人が見える女子大生
8月20日 夏休みに流れた噂
8月23日 振り向いてくれない美人教師

1日5分の恐怖体験、いかがでしたか?
『日めくり怪談』は毎日読んでもひと夏楽しめる、全62話を掲載。
詳細はこちらから。

7月の『日めくり怪談』特集一覧
7月2日 夜道を歩く女性の二人組が向かう先
7月4日 設置されては撤去されるブランコの秘密
7月6日 クラスメイトの机に置かれた手紙
7月9日 誰も来ないはずの男子トイレで目にしたもの
7月13日 息子に見えている母の顔
7月15日 内線電話から聞こえてくる声
7月19日 祖母に禁じられた遊び
7月22日 僕にだけ聞こえてくる音
7月27日 この子は大人になる前に死ぬから
7月30日 隙間から入り込もうとするもの
1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Facebookアカウント
  • よみタイX公式アカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

吉田悠軌

よしだ・ゆうき
1980年東京都出身。怪談、オカルト研究家。怪談サークル「とうもろこしの会」会長。オカルトスポット探訪マガジン『怪処』編集長。実話怪談の取材および収集調査をライフワークとし、執筆活動やメディア出演を行う。
『怪談現場 東京23区』『怪談現場 東海道中』『一行怪談』『禁足地巡礼』『日めくり怪談』『一生忘れない怖い話の語り方 すぐ話せる「実話怪談」入門』『現代怪談考』『新宿怪談』『中央線怪談』など著書多数。

Xアカウント @yoshidakaityou

週間ランキング 今読まれているホットな記事