よみタイ

夏休みに流れた噂
めくるたび、どんどん怖くなる。
『一行怪談』で知られる吉田悠軌さんの書き下ろし怪談集『日めくり怪談』から選りすぐりのお話をご紹介します。
1日5分の恐怖体験をお楽しみください。

夏休みに流れた噂

 あの夏の日、シロンボを捕まえようと言いだしたのは誰だったろうか。
 A・B・C・D四人の仲良しグループで話し合っているうちに出たアイデアだと思う。
 シロンボとは、この頃、僕らの田舎町に出没していた、まっ白く大きな猿の呼び名だ。
 電線をつたって歩いていく姿を、何人もの人が目撃しているそうだ。やけに珍しい見た目の猿がいるらしいと、大人も子どもも話題にしていた。
 ただ目撃者の全員が、かなり遠くを行く後ろ姿しか見ていないので、シロンボの正確な大きさや顔はわからないという。よほど警戒心が強いのか、ただの噂話だからディテールが練れていないのか。
 まあ、シロンボが本当にいるかどうか、四人にはどうでもよかった。捕まえるといっても誰一人として本気ではない。ケータイでそれらしき写真さえ撮れればいいと思っていた。軽い気持ちで、四人は町の外へと出ていった。
 
国道から山の方に入るとすぐ、見渡す限り田んぼだらけの風景になる。田植えはもう終わった時期なので、作業する人の影がまばらに見えるだけだった。
「この辺で、兄ちゃんの友達がシロンボを見たんだって」
 学校が違うらしいからよく知らないけど、とA君が言った。それだけの情報ではなんのアテにもならず、四人は適当に、ずっと遠くの送電塔を目標に歩いていった。
 
 あっ、とB君が叫んだ。皆で見上げると、はるか向こうの電線の上を、小さな白い影が移動しているではないか。
 C君がケータイを構えた。しかし他の皆はとっさにシロンボの方へ走り出していた。
 ひょこ、ひょこ、ひょこ。シロンボは器用に電線をつたっていく。
 かろうじて四つんばいとわかるほどの白い点を追いかける。そのうちに田んぼも途切れ、辺りは山ばかりとなっていった。
 するとシロンボは、電線が林道の脇でカーブするところで、ひょいと飛び降りた。そのまま木々の繁る山へと入っていく。
「あそこ行ったぞ!」四人とも、夢中で林道に入っていった。
 

(イメージ画像/写真AC)
(イメージ画像/写真AC)
1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

吉田悠軌

よしだ・ゆうき●1980年東京都出身。怪談、オカルト研究家。怪談サークル「とうもろこしの会」会長。オカルトスポット探訪マガジン『怪処』編集長。怪談現場、怪奇スポットへの探訪をライフワークとし、執筆活動やメディア出演を行う。『怪談現場 東京23区』『怪談現場 東海道中』『一行怪談』『一行怪談漢字ドリル 小学1~4年生』『禁足地巡礼』『日めくり怪談』『一生忘れない怖い話の語り方 すぐ話せる「実話怪談」入門』など著書多数。
Twitterアカウント:@yoshidakaityou

週間ランキング 今読まれているホットな記事