よみタイ

内線電話から聞こえてくる声
めくるたび、どんどん怖くなる。
『一行怪談』で知られる吉田悠軌さんの書き下ろし怪談集『日めくり怪談』から選りすぐりのお話をご紹介します。
1日5分の恐怖体験をお楽しみください。

内線電話から聞こえてくる声

 私の実家は、佐賀県で会社を経営していました。同じ敷地内に事務所と自宅があり、二つは内線電話で繋がっていたのです。
 小学生の私はたいへんな甘えん坊で、たびたび事務所に内線をかけ、母親を呼び出していました。プルルプルルと呼び出し音を鳴らせば、すぐに母が電話をとってくれます。
「お母さん! お母さん! タケシやけど!」と私が言い、
「なんね? タケシ! どがんかしたとね?」と母が応える。
 これが毎回の、私と母とのやりとりでした。
 
 あれは確か、小学校五年生の夏休みだったと思います。
 昼間、例のごとく大した用事もないのに、仕事中の母に内線をかけました。
 プルルプルル、カチャッ、と母が電話を取ったと感じた瞬間。
「お母さん! お母さん! タケシやけど!」
 ところが、いつもはすぐ返ってくる母の答えがありません。
「あれ? お母さん! お母さん! タケシやけど!」
 明らかに電話は繋がっていました。どうしたんだろう、と不思議がっていると。
 
 ……ぁぁん……さぁーん……
 
 受話器の向こうから、声が微かに響いてきました。小さいというよりも、誰かが遠くから発しているようでした、最初は、受話器に耳を押し当てないと全く聞き取れませんでしたが。
 
 ……ぁさぁん……ぁぁさぁん……
 
 だんだん、その声が受話器に近づいてきます。
 
 ……ぁぁさぁぁん……かぁぁぁさぁぁん
 
 なんだろう、とすました私の耳に、

「おかぁぁぁぁさぁぁぁん!」

 いきなり悲鳴がとどろきました。
 びっくりした私は受話器をたたきつけ、通話を切りました。しばらく放心状態のままでいると、たまたま父が事務所から帰ってきました。
 

(イメージ画像/写真AC)
(イメージ画像/写真AC)
1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

吉田悠軌

よしだ・ゆうき●1980年東京都出身。怪談、オカルト研究家。怪談サークル「とうもろこしの会」会長。オカルトスポット探訪マガジン『怪処』編集長。怪談現場、怪奇スポットへの探訪をライフワークとし、執筆活動やメディア出演を行う。『怪談現場 東京23区』『怪談現場 東海道中』『一行怪談』『一行怪談漢字ドリル 小学1~4年生』『禁足地巡礼』『日めくり怪談』『一生忘れない怖い話の語り方 すぐ話せる「実話怪談」入門』など著書多数。
Twitterアカウント:@yoshidakaityou

週間ランキング 今読まれているホットな記事