よみタイ

川の上流から流れてくるもの

川の上流から流れてくるもの

 硬直した僕の前を、メガネはそのまま通り過ぎ、川下の方へと消えていく。
 すぐ後ろで、草むらがザクザクと音をたてた。
 振り向くと、あいつが立っていた。
 見覚えのある顔が、木々の間からこちらを覗いている。髪も体もびっしょりと濡れている。いつもかけていたメガネはなく、黒々とした瞳で、黙ってじっと見つめてくる。
 三年前、岐阜の渓流で水死したはずの、あいつだ。
 思わず対岸へ逃げようと走り出す。そこで足が滑り、半身が川底に打ちつけられる。腰から下が水に沈み、パニックになる。もがくように両手がばたつく。

「おーい」
 
 そこで上流から声がした。
 はっと気づいて立ち上がると、連れの友人が、こちらに歩いてくるところだった。
 急いで藪に目をやったが、もうそこには人影一つなかった。

「大丈夫?」友人が心配そうに近づいてくる。
「うん、悪い。なんでもない」竿を拾いつつ、とっさに今起きたことをごまかした。
 いつのまにか周りを薄闇が包んでいる。もう帰ろうと僕が提案し、友人も頷いた。
 ただ彼は、なぜか先ほどから、いぶかしそうに後ろの藪をにらみつけている。
「……さっき、そこに、鹿みたいなのがいなかった?」
 鹿? なにを言っているのかわからず、僕はただ怪訝な顔を向けるだけ。
 見間違いだと思うけど、気味悪い鹿に見えたんだよなあ、と友人は笑った。
「それ、体は鹿なんだけど、頭が人間の女なんだ。その女の顔が、林の中からお前のこと、じいっと見つめていたような気がしたんだよ」
 それは友人が近づいたとたん、さっと林の奥へ逃げていったのだという。

8月の『日めくり怪談』特集一覧
8月2日 空を飛ぶ夢を見るようになったら
8月6日 あの家に住んでいた頃のこと
8月9日 川の上流から流れてくるもの
8月13日 「チヨちゃんが来たんだね」
8月16日 小人が見える女子大生
8月20日 夏休みに流れた噂
8月23日 振り向いてくれない美人教師

1日5分の恐怖体験、いかがでしたか?
『日めくり怪談』は毎日読んでもひと夏楽しめる、全62話を掲載。
詳細はこちらから。

7月の『日めくり怪談』特集一覧
7月2日 夜道を歩く女性の二人組が向かう先
7月4日 設置されては撤去されるブランコの秘密
7月6日 クラスメイトの机に置かれた手紙
7月9日 誰も来ないはずの男子トイレで目にしたもの
7月13日 息子に見えている母の顔
7月15日 内線電話から聞こえてくる声
7月19日 祖母に禁じられた遊び
7月22日 僕にだけ聞こえてくる音
7月27日 この子は大人になる前に死ぬから
7月30日 隙間から入り込もうとするもの
1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

吉田悠軌

よしだ・ゆうき●1980年東京都出身。怪談、オカルト研究家。怪談サークル「とうもろこしの会」会長。オカルトスポット探訪マガジン『怪処』編集長。怪談現場、怪奇スポットへの探訪をライフワークとし、執筆活動やメディア出演を行う。『怪談現場 東京23区』『怪談現場 東海道中』『一行怪談』『一行怪談漢字ドリル 小学1~4年生』『禁足地巡礼』『日めくり怪談』『一生忘れない怖い話の語り方 すぐ話せる「実話怪談」入門』など著書多数。
Twitterアカウント:@yoshidakaityou

週間ランキング 今読まれているホットな記事