よみタイ

空を飛ぶ夢を見るようになったら

空を飛ぶ夢を見るようになったら

八月二日
 これが最後になると思うけど、念のためにメモを残す。夢日記をやめて、睡眠薬を飲んでぐっすり眠るようにしてから、しばらく「飛ぶ夢」は出てこなかった。
 でも十日前だ。またそれを見てしまった。自分の体から抜けた自分が、宙を浮かんでいく。嫌だ嫌だと思うけど、勝手に部屋の外、空の高いところに進んでいく。
 ベッドに戻ろう。はやく目を覚まそう。それだけを念じていった。必死に体に力をこめるうち、飛んでいくスピードが止まり、元に戻るような感じがしてきた。
 だんだん自分の部屋の窓に近づいていくのがわかる。はやくはやく、目を覚まさないと。
 次の瞬間、ぱっと目が開いた。視線の先には、部屋の天井。なんとか戻れたんだと思い、ベッドから体を起こした。そこで「バンバン」という音がして、思わずそちらを振り向く。
 窓の外にいる自分と、目が合った。
 ベッドにいる自分に向かって、必死にガラスをバン、バン、バンと叩いている。
 慌てて駆け寄ろうとしたとたん、外の自分は後ろにひっぱられるようにして、夜空の奥へと消えていった。
 それからずっと、あの夢は見ていない。以前と同じ生活を、いつも通り送っている。
 でもさっき、変なことを思いついてしまった。あの夜、窓の外にいた「自分」は誰なのか。もしかしたら、あれこそ十日前まで生きていた「自分」だったのではないか。今ここにいる「自分」は、あの瞬間に入れ替わった、また別の「自分」なのではないか、と。
 なぜなら、この夢日記の内容を、今の「自分」はなに一つ覚えていないからだ。前の「自分」が覚えていたはずの「飛ぶ夢」について、なにも思い出せない。
「自分」が書いたメモを見て、そんな夢を見ていたのか、と思うだけだ。
 もちろんこれは、変な想像に過ぎないのだろう。でも、いつかまた、あの夢を見てしまうかもしれない。そこでまた今の「自分」が別の「自分」と入れ替わるのかもしれない。
 その別の「自分」のために、この夢日記を残しておくようにする。
 

8月の『日めくり怪談』特集一覧
8月2日 空を飛ぶ夢を見るようになったら
8月6日 あの家に住んでいた頃のこと
8月9日 川の上流から流れてくるもの
8月13日 「チヨちゃんが来たんだね」
8月16日 小人が見える女子大生
8月20日 夏休みに流れた噂
8月23日 振り向いてくれない美人教師

1日5分の恐怖体験、いかがでしたか?
『日めくり怪談』は毎日読んでもひと夏楽しめる、全62話を掲載。
詳細はこちらから。

7月の『日めくり怪談』特集一覧
7月2日 夜道を歩く女性の二人組が向かう先
7月4日 設置されては撤去されるブランコの秘密
7月6日 クラスメイトの机に置かれた手紙
7月9日 誰も来ないはずの男子トイレで目にしたもの
7月13日 息子に見えている母の顔
7月15日 内線電話から聞こえてくる声
7月19日 祖母に禁じられた遊び
7月22日 僕にだけ聞こえてくる音
7月27日 この子は大人になる前に死ぬから
7月30日 隙間から入り込もうとするもの
1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

吉田悠軌

よしだ・ゆうき●1980年東京都出身。怪談、オカルト研究家。怪談サークル「とうもろこしの会」会長。オカルトスポット探訪マガジン『怪処』編集長。怪談現場、怪奇スポットへの探訪をライフワークとし、執筆活動やメディア出演を行う。『怪談現場 東京23区』『怪談現場 東海道中』『一行怪談』『一行怪談漢字ドリル 小学1~4年生』『禁足地巡礼』『日めくり怪談』『一生忘れない怖い話の語り方 すぐ話せる「実話怪談」入門』など著書多数。
Twitterアカウント:@yoshidakaityou

週間ランキング 今読まれているホットな記事