よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

銀座なのに安い! ホルモンなのにおしゃれ! 総合力最強のホルモン店がオープン

ちょっと変わっているのが、ヒレすきご飯。
名前から想像出来る通り、味わいはヒレを使ったすき焼き風なのだが、その工程はすき焼きとはちょっと違う。

まずはヒレを単体で焼き、それをご飯に乗せる。
その上に、卵黄やネギ、割下ベースのタレを混ぜたものをかけて食べるのだ。

一口食べれば、間違いなくすき焼きを連想する味で、ご飯がとにかく進む。

また新しいヒレの楽しみ方に出会ってしまった
また新しいヒレの楽しみ方に出会ってしまった
ご飯が進みすぎる旨さ!
ご飯が進みすぎる旨さ!

ここまででもしっかりした量があるが、最後は一口サイズの冷麺で〆させてくれる。

和風ベースの汁とコシの強い麺。
お腹いっぱいでもペロリと食べれてしまう美味しさだ。

コース5,800円とはとても思えないクオリティと量だが、もしまだまだ食べ足りないという猛者がいても安心して欲しい。
アラカルトもしっかりとある。

しかもコバウ譲りの最上級リブロースの芯を使ったコバウロース、リブロースの巻きを使ったコバウカルビもあるのだ。

ホルモン店でここまで上質な焼肉を扱うお店が他にあるだろうか。
とにかく行って食べてみて欲しい。

オシャレで美味しく、値段も安い。
信じられない要素が詰まったホルモン店が「銀座」にオープンしたのだ。

焼肉好きの集まりで行くも良し、女子会でホルモンを囲むのも良し。
銀座から発信される新しいホルモンスタイルのさらなる発展に期待が高まる。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事