よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

銀座なのに安い! ホルモンなのにおしゃれ! 総合力最強のホルモン店がオープン

ユッケを一口食べると、その美味しさにまず驚くだろう。

このユッケはリブロースの芯もしくは巻きという高級部位が惜しげもなく使われている。
しかも、脂があっさりとしていながら甘みが残り、赤身の旨味が強い、長期肥育された雌の黒毛和牛のもの。

何故ホルモン店でそんなグレードの牛肉が仕入れられるのか!?

それはDaisukiが銀座を代表する焼肉店“銀座コバウ”の系列店だから。
よって、コバウと同じように、東京食肉市場の老舗仲卸である吉澤畜産で仕入れている。

どうりで旨いはずだ。
1皿と言わず2皿でも3皿でも食べたくなる。

何皿でもおかわりしたくなるまさに病みつきホルモン
何皿でもおかわりしたくなるまさに病みつきホルモン

ガーリックヒレサンドは、網の上で焼いたパンでヒレを挟む。
その際にはニンニクが効いた特製のソースをたっぷりと塗るのがオススメ。
ヒレは黒毛和牛ではないが、しっかりと深い味わいだ。

しっとりとした上質なヒレも必食
しっとりとした上質なヒレも必食
ニンニクソースをこれでもかというほど塗るのが肉バカ流
ニンニクソースをこれでもかというほど塗るのが肉バカ流

DAISUKI9種盛りは、ホルモンを中心とした盛り合わせ。

日によって中身は若干変わるが、肉バカが訪れた日は
タン、サガリ、カルビ、ハツ、レバ、コリコリ、ガツ、コブクロ、シマチョウ
といった内容。

基本は上品な塩味だが、辛みの効いたニラ、ネギがたっぷりの塩ダレなど、豊富なタレも添えられているので、ホルモンそのものの味わいを楽しむと同時に、味わいの変化も楽しむことが出来る。

最初に紹介した通り、どれも臭みなど微塵も感じられず、部位ごとに異なる食感と変化する味わいがホルモン好きでなくとも虜にしてしまうだろう。

丁寧な仕込みがされていることが見た目からもよく分かる。もちろん味も文句なし!
丁寧な仕込みがされていることが見た目からもよく分かる。もちろん味も文句なし!
1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事