よみタイ

高橋綾子「綾子のギョーカイ総受けグルメ手帖」

メニューは無限!? ワインと相性抜群の和食三昧ができるお店がようやく代官山に!〜オ山ノ活惚レ

旬のうなぎは炭火白焼きか、この「うざく」(1,000円)を選べます
旬のうなぎは炭火白焼きか、この「うざく」(1,000円)を選べます

写真のキャプションを読んでいただければお気づきかもしれませんが、ひとつの食材で2通りくらい違う調理法があるのです。

このうなぎも酢の物と炭火白焼きがあるし、しいたけだって焼きと天ぷらがある。
何だったらこうやって食べたいって言ったらやってくれるのです(おいしくなりそうになかったら、やんわり他の提案をされますが)。

さらに言えば、お造りで用意しているお魚でお寿司を握ってくれたりもするし、メニュー自体コロコロ変わるのでいつまで経っても全制覇はできそうにありません。

「鮎」は汐焼きで(850円)
「鮎」は汐焼きで(850円)

だから毎日来ても飽きることがないのですが、なぜそんなことができるのかと言うと松永さんが前職で三食まかない担当だったからだそうです。

「前回と同じ食材を使うと怒られるんです。おかげで臨機応変に何でも作れるようになりました。賄いを作らせてもらって今は本当に感謝しています。やれることは何でもやるので言ってください!」と、メニューにないものも作ってくれます。

そういえば「Take daikanyama」のタケさんも賄い担当で鍛えられたっておっしゃっていたなぁ。
賄い担当、恐るべし!

信じられないほど大きい河豚の白子を使った「白子チーズリゾット」(2,000円)
信じられないほど大きい河豚の白子を使った「白子チーズリゾット」(2,000円)

これが〆ごはんですよ!

メイン料理と言っても過言ではございません。
今、夏ですよね? と聞きたくなるくらい立派な河豚の白子がドド〜ンとのっています。

当然、とろんと濃厚で、さらに卵を崩して混ぜていただくわけですが、想像の段階でおいしいに決まってます。

痛風バンザイ! 河豚の白子をこんなに超贅沢な使い方をするなんて!
痛風バンザイ! 河豚の白子をこんなに超贅沢な使い方をするなんて!

想像を絶するおいしさでした。

「この時期、一瞬だけ安く仕入れられるんです。冬は鱈の白子になりますね」と、ハテナ? なことをおっしゃる。
普通逆じゃないですか。
「そうなんですけど、それがおもしろいかなと思って」と。

でも本当に一瞬らしいのでこれを食べたかったら、急いで予約を!

冬には入り口に鍋を置いて「おでん」が始まるそうです。
これも楽しみ。

ターゲットを絞るのではなく、食べたいもの、飲みたいものがあって誰もが満足でき、テーブルでは家族連れやグループ、カウンターは1人から2人で、と松永さんが思い描いた老若男女が楽しむ理想のお店になっています。

「おいしい料理を作るのは当たり前ですが、接客を含めお客さまが望むものを提供できるように心がけています」と松永さん。

本当に素敵なお店を作ってくれてありがとう。

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

高橋綾子

たかはし・あやこ●フードパブリシスト。国内外ファッションブランドのプレス時代から培った〝食″へのこだわりは、舌の肥えた業界人も頼りにするレベルの高さ。年間1000を超えるという外食の日々が築き上げたおいしいもの好きが嵩じて、ついに2018年2月に東京・下北沢にてレストラン「üchï(うち)」をオープン。おいしいものしか喉を通らない不思議体質。
Facebook→https://www.facebook.com/ayako.takahashi.1671

uchi→http://uchi.tokyo/

週間ランキング 今読まれているホットな記事