よみタイ

40代を乗り切るために必要なのは、歩き回って牡蠣食べること!? 大久保佳代子×川村エミコ対談「40代女子の答え合わせ」

川村エミコさんの初エッセイ『わたしもかわいく生まれたかったな』の発売を記念し、2020年10月11日(日)に中目黒蔦屋書店にて、オンライントークイベントが行われました。
「私たち、これで合ってる? 40代女子の答え合わせ」と題したイベントは、対談ゲストに川村さんが普段から仲良くしている先輩芸人の大久保佳代子さんをお迎えしました。

40代が不安……と焦る川村さんに、ひと足早く40代を駆け抜けている大久保さんからの、アドバイスや愛あるダメ出しも飛び出したイベントの様子を、ダイジェスト版にて公開します!

(構成/よみタイ編集部 撮影/齊藤晴香)

共演歴も長く、普段から仲良くしている川村エミコさん(左)と大久保佳代子さん(右)
共演歴も長く、普段から仲良くしている川村エミコさん(左)と大久保佳代子さん(右)

書くのって大変!

川村 お忙しいところ今日はありがとうございます。

大久保 お仕事ですから(笑)大丈夫。今日は暇だったから家から30分かけて歩いてきましたから。普通に歩くだけで1.5倍のカロリーが消費できるって靴をはいて。
 
川村 今回は私の初めての本の刊行イベントに来ていただいたんですけど。

大久保 読みましたよ、ペラペラ~っと。

川村 読んでくださったんですね! ペラペラで全然いいです。嬉しいです。

大久保 不思議とペラペラっとで入ってくる内容なのよ、読みやすくて。文と文の間とか、リズムがちょうどいい。今年40歳だっけ? こういう幼少期があって、今こんな感じに仕上がってきてるのねって、エミコさんのルーツがすごくわかった感じがしました。

川村 大久保さんも本を出されてますけど、書くのってめちゃくちゃ大変じゃないですか?

大久保 大変。でも書くってことのいいところは、書いていると、自分の中で記憶がまとまってくるじゃない? こんなことがありました、っていうのをトークで話しやすいっていうのはあるよね。

川村 確かに、これまで幼少期のことを忘れちゃいけないって思って生きてたんですけど、一度書いてアウトプットすることで、一回忘れていいよって思えるようになりましたね。心のクラウドに一回上げて、ハードが空いたというか、新しい思い出をまた入れていけるなーって思ったのはあります。

大久保 なんで忘れちゃいけないって思うんだろう?

川村 いや、思い出の少ない人生ですから(笑)。

大久保 そうかなあ~結構ひどいエピソードいっぱいあるじゃない?(笑)
平々凡々な人生じゃないよ、これ。一般的な思い出の種類ではないかもしれないけど。
そういうのを、こうして文章にして本にする、っていうのがエミコさんの持ち前の執念深さのなせる業なわけじゃん。

川村 たしかに、これは執念深さの結晶ですね。こうして形になると嬉しいです、本当に嬉しい。今、中目黒で配って歩きたいくらいです。

大久保 でもさ、本当に困るのはね、こうして知り合いの人から「エッセイ出しました」ってもらうじゃない? 読んだ後どうすればいい? 捨てられないのよ!

川村 いいですよ、売れないかもですが、売るなり、知り合いの方に渡すなりしてください(笑)。

1 2 3 4 5

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

川村エミコ

かわむら・えみこ●1979年神奈川県生まれ。お笑いコンビ『たんぽぽ』のボケ担当。主な出演作品に日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』、フジテレビ『めちゃ2イケてるッ!』、東海テレビ『スイッチ!』など。
オフィシャルブログ→https://ameblo.jp/sienne04
Twitter→https://twitter.com/kawamura_emiko
YouTubeおかっぱちゃんねる川村エミコ公式動画館→https://www.youtube.com/channel/UCGkqb7PyCVGojtVkAOL58Bg

撮影:齊藤晴香

大久保佳代子

おおくぼ・かよこ●1971年愛知県生まれ。お笑いコンビ「オアシズ」のメンバー。現在は『ゴゴスマ』(TBS系)、『ノンストップ』(フジテレビ系)をはじめ、数多くのバラエティー番組、情報番組に出演中。

週間ランキング 今読まれているホットな記事