よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

焼肉を追求すれば必ずや到達するハラミ好きの聖地

虎の穴のハラミといえば、誰もが思い浮かべる特塩ハラミ。
黒毛和牛のハラミの中でも分厚い部分だけをブロック状にカットし、塩胡椒や胡麻油で味付けがしてある。
もちろんニンニクも大量にだ。

いい肉はレアで食べる、なんていう迷信を振り払うが如く、しっかりと中心まで熱を届ける。
これを可能にするのも炭火であればこそ。

焼き上がったハラミは、ライオンになったつもりで喰いちぎるように食べることを支持される。
驚くことに、これだけでも味わいが違う。
荒々しい肉繊維を噛み千切り、奥歯でしっかりと咀嚼する。
溢れる大量の肉汁は、焼肉の真髄を教えてくれるだろう。

分厚い部分だけをブロック状にカットし、塩胡椒や胡麻油で味付けした名物ハラミ
分厚い部分だけをブロック状にカットし、塩胡椒や胡麻油で味付けした名物ハラミ
炭火でしっかりと中心まで熱を届けるのが虎の穴流
炭火でしっかりと中心まで熱を届けるのが虎の穴流

虎の穴では肉バカもサラダを食べる。
というか、食べたい。

虎の穴ほどサラダが美味しい焼肉屋があるのであれば教えてほしいほどだ。

絶品すぎるサラダは必食だ
絶品すぎるサラダは必食だ

横隔膜はハラミとサガリに分かれるが、サガリには中心に太い筋がある。
関東ではこのサガリの筋を捨てるのが一般的で、大阪では一緒に食べてしまうのが一般的。

虎の穴ではこの筋を焼いて食べる。
カリカリに焼くと際立つ甘みが最高なのだ。
ただし、量が取れないので、出会える確率も低いのだが。

横隔膜サガリの中心にある筋は出会えたら幸運な希少部位
横隔膜サガリの中心にある筋は出会えたら幸運な希少部位

東京三大ホルモンはゆうじ、スタミナ苑、虎の穴だと勝手に決めている。
それほど虎の穴のホルモンは美味しい。

長年の付き合いから仕入れられる鮮度抜群の素材、部位にあわせた隠し包丁が生み出す絶妙な食感。
全てが他と一線を画す。

全てが他店と一線を画す絶品ホルモン
全てが他店と一線を画す絶品ホルモン
1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事