よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

焼肉を追求すれば必ずや到達するハラミ好きの聖地

もちろん虎の穴にもタンはある。
サシの入ったタン元部分だが、有難がって1枚1枚チマチマと食べるようなことはなく、全てを一気に網に乗せ、ネギやレモンでバッと食べ尽くす。

タンは美味しい。
しかし、虎の穴では、あくまでも前菜に過ぎない。

美味なるタンも虎の穴では前菜に過ぎない
美味なるタンも虎の穴では前菜に過ぎない

タン元よりも虎の穴らしさ全開なのがタン筋。

一般的にはタン元が高級品で、タン筋は煮込みなどに使われるが、虎の穴ではタン筋を薄切りにし、大量のおろしニンニクで揉み込む。
筋の部分をしっかりと焼くことで甘みが強くなり、それがニンニクと抜群にあう。

薄切りにし、大量のニンニクで揉み込んだタン筋
薄切りにし、大量のニンニクで揉み込んだタン筋

コメカミの串焼きも虎の穴らしい逸品。
筋が入って硬いコメカミを炭火でしっかりと焼き上げる。

柔らかさの欠片もないが、軽く振った岩塩と肉汁が出会った瞬間の旨味は凄まじく、そこにおろしニンニクを添えた美味しさは筆舌に尽くし難い。

筋が入って硬いコメカミは炭火でしっかりと焼き上げる
筋が入って硬いコメカミは炭火でしっかりと焼き上げる
1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事