よみタイ

高橋綾子「綾子のギョーカイ総受けグルメ手帖」
「綾子さんに聞けば間違いない!」――美味なレストランも気の利いた手土産もとびきりのお取り寄せも、おいしいものには死ぬほどうるさいギョーカイのみんなが頼りにするのが、フードパブリシスト高橋綾子のグルメ手帖。誰もがうなる美味の数々を惜しげもなく公開します!

驚愕のうまさを誇る秋田高原比内地鶏を恵比寿の焼鳥割烹で味わう幸せ〜Honda7〜

恵比寿駅から徒歩数分のビルの7階に誕生した「Honda7」。

オーナーシェフの本田祐三さんとはかれこれ14~5年のお付き合い。
麻布十番にあった、串焼きとひと工夫ある一品料理が自慢の、朝までやっている居心地のいいお店「コタツ」の厨房を任されていたのです。
その後、本田さんは独立、麻布十番と赤坂に割烹「honda」を開業し、こちらも気の利いたお料理が並びます。

ところが3店舗目はなんと焼鳥割烹!
比内地鶏の中でも最高峰と呼ばれる「秋田高原比内地鶏」に出逢い、そのおいしさに魅了された本田さん。これは和食と合わせたらおもしろくなりそうと、焼鳥割烹というスタイルにしたそうです。

エレベーターで7階に着くとお店とは思えない扉があるだけ
エレベーターで7階に着くとお店とは思えない扉があるだけ

7階で降りると、飾り気ゼロ、看板なし。
本当にここなの? もしかしたらお休み?と、不安になるくらいガランとしています。

でも、よ〜く見ると扉の取っ手の上に書いてある小さい、Honda7の文字を発見!
勇気を出して扉を開けると、ちゃんとやってました。

お店はカウンターのみ11席。迎えてくれるのは本田さんと店長である伊藤健太さんのおふたり。料理は4,500円のおまかせコース一本です。

とんでもないおいしさだった「バターナッツのすり流し」
とんでもないおいしさだった「バターナッツのすり流し」

ひと品目の「バターナッツのすり流し」には、ラクレットチーズのくず寄せ豆腐に、削ったミモレットチーズをかけ、最後にキャビアをのせてあります。
何かひとつ欠けたらここまでおいしくならないだろうと思わせる完璧なる味の構成。
ラクレットチーズのくず寄せ豆腐は胡麻豆腐のチーズ版のような感じ。
弾力もあって、“影のスペシャリテ”レベルです。

オーダーメイドで作ってもらっている陶器は必見!
オーダーメイドで作ってもらっている陶器は必見!

小鍋やお造り、揚げ物、茶碗蒸しなど、焼鳥までに、出るわ、出るわ。和食の基本を守りながらちょっとだけアレンジした料理には、胃袋をがっしり掴まれます。

生のりのあんかけの優しい味わいは牡蠣の風味とともにカラダに沁み渡ります
生のりのあんかけの優しい味わいは牡蠣の風味とともにカラダに沁み渡ります

「牡蠣と生のりの茶碗蒸し 雲丹乗せ」。
牡蠣が入っていると思いきや、なんと裏ごしした牡蠣を卵液の中に混ぜていて、かなりリッチな味わいです。

牡蠣の実体はないけれど、香りと風味は牡蠣そのもの。これって相当な数の牡蠣を裏ごししないとここまで牡蠣感を感じられないはず。
牡蠣の数もですが、それを裏ごしするのも大変な作業に違いない。
ごめんなさい、1分で平らげてしまいました。

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

高橋綾子

たかはし・あやこ●フードパブリシスト。国内外ファッションブランドのプレス時代から培った〝食″へのこだわりは、舌の肥えた業界人も頼りにするレベルの高さ。年間1000を超えるという外食の日々が築き上げたおいしいもの好きが嵩じて、ついに2018年2月に東京・下北沢にてレストラン「üchï(うち)」をオープン。おいしいものしか喉を通らない不思議体質。
Facebook→https://www.facebook.com/ayako.takahashi.1671

uchi→http://uchi.tokyo/

週間ランキング 今読まれているホットな記事