よみタイ

佐藤誠二朗「グリズリー世代のバック・トゥ・ザ・ストリート」
グリズリー……それは北アメリカ北部に生息する大きな灰色のヒグマの名であると同時に、白髪交じりの頭を形容するスラング。頭にちらほら白いものが目立ち始める40~50代を、アラフォー、アラフィフといってしまえば簡単だけど、いくつになってもオシャレと音楽が大好きで遊び心を忘れない彼らを「グリズリー世代」と名付けよう――
そんな思いを胸に、自身もグリズリー世代真っ只中の著者がおくる、大人の男のためのファッション&カルチャーコラム。

まさかの再流行となったウォレットチェーンについて知っている二、三の事柄

流行というのは繰り返すものだ。恐ろしいほど律儀に。
僕が驚いているのは、再びトレンドがきているウォレットチェーンについて。

1990年代後半から2000年代初頭にかけて、若者の間でけっこうなブームになったウォレットチェーンは、その後すっかり鳴りを潜めていた。
ただ流行が終わるだけではなく、その後の十数年間、ウォレットチェーンは“男のダサいファッションアイテム”の代表格となっていた。

ウォレットチェーンはそもそも、1950年代のアメリカのバイカーズやイギリスのロッカーズが最初に流行らせたアイテム。バイク乗りであった彼らは、ジーンズの尻ポケットに入れた財布を落とさぬよう、チェーンでベルトループにつなぐことを発明した。おそらく、懐中時計をヒントにしたのだろう。

その後、バイカーズやロッカーズの着こなしを部分的に拝借したパンクスやメタルヘッズ、そしてスケート中に財布を落としたくないスケーターや、ブレイクダンスをするBボーイの間にも受け継がれた。
90年代末からの流行は、クロムハーツやビルウォールレザー、ジャスティン・デイビスといった、ストリートカルチャーをバックボーンとするシルバージュエリーブランドが牽引した。

現在のブームは2016〜17年頃に、人気ブランドが新作コレクションに相次いで採用したあたりが起点となったようだ。折しも、ビッグシルエットやロゴもの、ハイテク系のダッドスニーカーなど、90年代風ファッションがリバイバルしていた時勢にマッチし、ファッション界でウォレットチェーンは再び注目されるようになった。

ライダースジャケットにウォレットチェーンが「ダサい」とは言わせない

一般での流行は昨年あたりからはじまっているが、今シーズンは大人のメンズファッションの指標となるピッティウォモのスナップを見ても、若者メンズファッションの指標となるwearやInstagramを見ても、ウォレットチェーンをうまく使ったコーディネートが目立つ。
この流行は当分続くかもしれない。

だけど昨年、俳優の高橋一生の私服ファッションが叩かれたことがあった。氏はパパラッチされたとき、イギリスの老舗、ルイスレザーのダブルライダースに、長めのウォレットチェーンをぶら下げ、ややオーバーサイズのパンツを合わせていた。
これがダサい、と。

……いやいや、かっこいいじゃないですか!

高橋一生という人は役柄やイメージ戦略的に、上品で大人っぽく、きれい目で無難なファッションのイメージが強いけど、根はスケート好きのストリート派。
ダブルライダースにウォレットチェーンなんて、ルーツカルチャーを尊重したロッカーズスタイルだし、ルーズシルエットという流行もミックスした見事なコーディネートだ。
メンズファッションの流行やストリートカルチャーを知らない人に、“ダサい”と切られている状況が、僕は許せませんでした。

とはいっても、現在のウォレットチェーンの流行は、さらっとさりげなくつける方が正解のようだ。

僕は20年前の流行当時に買ったジャムホームメイドのシルバー製ウォレットチェーンを死蔵していたけど、そろそろ引っ張り出してもいいかなと思っている。
本来であれば秋冬に、ハードな革ジャンと合わせたくなるところだが、「ダサい」というそしりを避けるためには、むしろ短パンとTシャツといったゆるい夏ファッションと合わせるのがいいのかもしれない。

日和るわけじゃないけど、確実に高橋一生より「ダサい」と見られる可能性が高いからしょうがない。

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

佐藤誠二朗

さとう・せいじろう●児童書出版社を経て宝島社へ入社。雑誌「宝島」「smart」の編集に携わる。2000~2009年は「smart」編集長。2010年に独立し、フリーの編集者、ライターとしてファッション、カルチャーから健康、家庭医学に至るまで幅広いジャンルで編集・執筆活動を行う。初の書き下ろし著書『ストリート・トラッド~メンズファッションは温故知新』はメンズストリートスタイルへのこだわりと愛が溢れる力作で、業界を問わず話題を呼び、ロングセラーに。他『糖質制限の真実』『ビジネス着こなしの教科書』『ベストドレッサー・スタイルブック』『STUSSY2017 FALL/HOLIDAY COLLECTION』『DROPtokyo 2007-2017』『ボンちゃんがいく☆』など、編集・著作物多数。

週間ランキング 今読まれているホットな記事