よみタイ

佐藤誠二朗「グリズリー世代のバック・トゥ・ザ・ストリート」

車~スパルタンなスタイルに憧れ、無骨なルーフキャリアを付けてみた

車が好きだ。

初車検前に次々と乗り換えるほどではないし、高級車に乗れる身分でもない。走り屋でも改造マニアでもなければ、エンスーでもアメ車マニアでもないし、メカに詳しいわけでもない。
そんじょそこらに転がっているミドルレベルの車好きにすぎないけれど、大学生のとき50万の中古車を買って以来、車を絶やしたことはなく、現在のもので通算8台目になる。

車そのものが好きというよりも、どちらかというと運転が好きなのかもしれない。だから車種にさほどこだわりはなく、乗ってて楽しければ満足という感じだ。

でも2年前に買ったスバルに、僕は前から一度やってみたかったカスタム(というほどでもないんだけど)を施した。
ルーフキャリアをつけたのだ。

トレンドに乗ってSUVを買ったので、ついにそのチャンスがやってきたと思い、ネットで一番かっこいいルーフキャリアを探した。買ったのは「YAKIMA」というアメリカのメーカーのもの。黒くてゴツい金属フレームの、いかにも頑丈そうなやつだ。

か、か、かっこいいじゃん。取り付けてみて惚れ惚れした。
こういう男っぽい実用カスタムを施した外見を、車好きはよく“スパルタン”と表現する。僕の車もついに、スパルタンになった! ちょっとだけだけど。

いつかは乗ってみたい、軽キャンパーとサイドカー付きバイク

かっこいいだけじゃなくて、このルーフキャリアは物がよく載る。当たり前か。
前の車に比べて荷室が狭くなったという事情もあるが、ただのアクセサリーではなく、キャリアにいろんなものを載っけて走るようになった。

ついでに書くと、僕がいま欲しいと思っている車は、軽キャンパーだ。でっかいキャンピングカーは何回かレンタカーで乗って、その楽しさも知っているけれど、あのデカい図体で日本国内を走るのは不利。
入れる道、駐車できる場所が限られてしまい、せっかくの旅が楽しくなくなる可能性が大きい。だから自分でセカンドカーとして買うなら、断然軽キャンパーがいい。流行っているのも納得できる。
それに乗って、トコトコと日本の隅々を旅するのが目下の夢だ。

もっとついでに書くと、車じゃないけどサイドカー付きのバイクにもいつか乗ってみたい。でも、バイク好き親父の奥さんが、無理やりサイドカーに乗せられている姿をたまに見かけると「かわいそ〜」と思う。

だから、僕が乗っけるのは犬の予定だ。
いや、犬はもっとかわいそうかな。

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

佐藤誠二朗

さとう・せいじろう●児童書出版社を経て宝島社へ入社。雑誌「宝島」「smart」の編集に携わる。2000~2009年は「smart」編集長。2010年に独立し、フリーの編集者、ライターとしてファッション、カルチャーから健康、家庭医学に至るまで幅広いジャンルで編集・執筆活動を行う。初の書き下ろし著書『ストリート・トラッド~メンズファッションは温故知新』はメンズストリートスタイルへのこだわりと愛が溢れる力作で、業界を問わず話題を呼び、ロングセラーに。他『糖質制限の真実』『ビジネス着こなしの教科書』『ベストドレッサー・スタイルブック』『STUSSY2017 FALL/HOLIDAY COLLECTION』『DROPtokyo 2007-2017』『ボンちゃんがいく☆』など、編集・著作物多数。

週間ランキング 今読まれているホットな記事