よみタイ

佐藤誠二朗「グリズリー世代のバック・トゥ・ザ・ストリート」
グリズリー……それは北アメリカ北部に生息する大きな灰色のヒグマの名であると同時に、白髪交じりの頭を形容するスラング。頭にちらほら白いものが目立ち始める40~50代を、アラフォー、アラフィフといってしまえば簡単だけど、いくつになってもオシャレと音楽が大好きで遊び心を忘れない彼らを「グリズリー世代」と名付けよう――
そんな思いを胸に、自身もグリズリー世代真っ只中の著者がおくる、大人の男のためのファッション&カルチャーコラム。

これからの寒〜い季節、何かと重宝するスタンドカラーのアウトドアウェア

僕はとても寒がり。これからいよいよ極寒期に入るにあたり、ひとつ問題がある。
寒い寒~い季節、首元を温めると体感温度はまったく違うということは知っているのだが、マフラーやタートルネックセーターなどの首を覆うアイテムが苦手なのだ。
首の後ろ側はいいんだけど、特に首の前側、喉元に何かあるとすごく息苦しい感じがして、鬱陶しくて仕方ないのだ。

そんな僕が真冬に愛用するのが、アウトドアメーカーからリリースされているスタンドカラーのウェアだ。
現在はザ・ノース・フェイスのサイズ違い、素材違いのものを二着、愛用している。

写真左のやや小さい方は滑らかなフリース素材の“ジップインバーサミッドジャケット”というモデル。
単体としても着られるし、ノースフェイスの同規格マウンテンパーカとジョイントして使うこともできるジャケットだ。
小さめのサイズを選んだのは、Tシャツの上に直接着て、なるべく体にフィットさせたかったから。滑らかなフリースはとても肌触りがよいうえに、暖かく動きやすいので、日常使いだけではなく、スキーやゴルフなどスポーツ時のインナーとしても活躍している。

インナーとしてもアウターとしても使えるのがいいところ

もうひとつのサイズが大きな方は、“ゴードンライオンズフリース”というモデル(写真右)。
ヘビーウェイトの厚手フリース素材なので、保温性抜群のジャケットだ。
こっちはよりアウター的な使い方をしたいので、やや大きめのサイズを選んだ。それほど寒くない日は、スウェットやニットの上にこれを一枚羽織るだけでOKだし、もっと寒い日はこの上にさらにダウンベストなどを重ね着してもおしゃれ。
使い勝手がとてもいいジャケットなのだ。

肝心なのは前述の通り、両者ともスタンドカラーであるという点。
首元を保温したいけど、喉が詰まるハイネックやマフラーは避けたいから、このフリース製のスタンドカラーで首の側面から後ろをしっかりカバー。
ジップを軽く下げておけば、喉元の圧迫感からは逃れられる。

これで真冬の寒さも、難なくやり過ごせるのだ。
僕と同じで喉元の圧迫感が苦手な諸兄は、是非ともお試しください。

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

佐藤誠二朗

さとう・せいじろう●児童書出版社を経て宝島社へ入社。雑誌「宝島」「smart」の編集に携わる。2000~2009年は「smart」編集長。2010年に独立し、フリーの編集者、ライターとしてファッション、カルチャーから健康、家庭医学に至るまで幅広いジャンルで編集・執筆活動を行う。初の書き下ろし著書『ストリート・トラッド~メンズファッションは温故知新』はメンズストリートスタイルへのこだわりと愛が溢れる力作で、業界を問わず話題を呼び、ロングセラーに。他『糖質制限の真実』『ビジネス着こなしの教科書』『ベストドレッサー・スタイルブック』『STUSSY2017 FALL/HOLIDAY COLLECTION』『DROPtokyo 2007-2017』『ボンちゃんがいく☆』など、編集・著作物多数。

週間ランキング 今読まれているホットな記事