よみタイ

佐藤誠二朗「グリズリー世代のバック・トゥ・ザ・ストリート」
グリズリー……それは北アメリカ北部に生息する大きな灰色のヒグマの名であると同時に、白髪交じりの頭を形容するスラング。頭にちらほら白いものが目立ち始める40~50代を、アラフォー、アラフィフといってしまえば簡単だけど、いくつになってもオシャレと音楽が大好きで遊び心を忘れない彼らを「グリズリー世代」と名付けよう――
そんな思いを胸に、自身もグリズリー世代真っ只中の著者がおくる、大人の男のためのファッション&カルチャーコラム。

雨の日のゴルフに最適! ワークマンの撥水ウェアはあまりにも高性能だった

今年の春から始めたゴルフが、一向に上手くならない。
条件さえ整っていれば、以前よりだいぶマシにはなっているのだ。
でも、ライが悪かったり傾斜があったり、近くにプレッシャーとなる木があったり、少しでも悪条件が加味されると途端にチョロリとなってしまう。

天候にも左右されやすい。
気温が高すぎたり風が吹いたり雨が降ったりしてくると、あっという間に崩れるし、雨が上がっても服が濡れていると、気になってしまってやっぱりガタガタになる。

ゴルフって難しいっすね。
そういう困難をひとつひとつ排除・克服していくゲームのようだけど、自分まだまだっす。

とりあえず秋の長雨シーズンを前に、対策を練ることにした。

山の天気は変わりやすいから、プレー中の突然の雨のために、雨具はキャリーバッグの中に常備しておきたい。だから小さなパッカブル仕様がいいだろう。
フード付きで防水性能が高く、それなりにオシャレなものがいい。
とはいえ、普段使いするわけではない非常用だからブランドはどこでもよく、値段は極力抑えめで。
でもでも、なるべく品質の良いものを……。

そんな風にアレコレ考えていたら、もうアソコに行くしかないでしょ!
そう、ワークマンです。

高性能撥水生地を使ったフード付きブルゾン。家で防水テストをしてみると……

相変わらず大にぎわいのワークマン。
ワークウェアで培った高い機能性を、カジュアルなアウトドアウェアのデザインに落とし込んだFieldCoreのラインナップもますます充実していて、目当ての品はすぐに見つかった。

商品名は「高撥水シェルジャケット」。
三菱が開発した“ディアマジックダイレクト”という撥水生地を使用しているアウトドア用フード付きブルゾンだ。
お値段は税込1,900円!
やっぱりいい仕事してますな、ワークマンさんは。

家に持ち帰り、さっそく防水テストだ。
普段着ではなく、ゴルフ場での雨対策という一点突破の目的なのだから、そのへんの確認は抜かりなくおこなわなければならない。

シュッと霧吹きしてみたところ、水滴はまったく服にとどまらず、パラパラと滑り落ちていく。いいぞ。
今度はスポイトで生地の上に多めの水をかけてみると……。
水滴はおはじき状に丸く固まり、生地を傾けるとコロコロと移動する。
サトイモの葉っぱの上の水のようだ。
いいぞいいぞ!

多分、僕がこれまでに買った服の中で、防水性能はもっとも高いのではないかと思う。
文字ではなかなか伝えにくいけど、自分の目で確かめてみれば、誰もがその性能に驚くこと請け合いだ。

ゴルフ雨問題、ワークマンのおかげで一気に解決!
雨の日のスコア、少しは上がるかな?

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

佐藤誠二朗

さとう・せいじろう●児童書出版社を経て宝島社へ入社。雑誌「宝島」「smart」の編集に携わる。2000~2009年は「smart」編集長。2010年に独立し、フリーの編集者、ライターとしてファッション、カルチャーから健康、家庭医学に至るまで幅広いジャンルで編集・執筆活動を行う。初の書き下ろし著書『ストリート・トラッド~メンズファッションは温故知新』はメンズストリートスタイルへのこだわりと愛が溢れる力作で、業界を問わず話題を呼び、ロングセラーに。他『糖質制限の真実』『ビジネス着こなしの教科書』『ベストドレッサー・スタイルブック』『STUSSY2017 FALL/HOLIDAY COLLECTION』『DROPtokyo 2007-2017』『ボンちゃんがいく☆』など、編集・著作物多数。

週間ランキング 今読まれているホットな記事