よみタイ

寿木けい「土を編む日々」
春夏秋冬、旬の食材は、新鮮で栄養たっぷり。
季節の野菜は、売り場で目立つ場所に置かれ、手に入れやすい価格なのもうれしいところです。
Twitter「きょうの140字ごはん」、ロングセラー『いつものごはんは、きほんの10品あればいい』、文庫化された『わたしのごちそう365 レシピとよぶほどのものでもない』で、日々の献立に悩む人びとを救い続ける寿木けいさん。
食をめぐるエッセイと、簡単で美味しくできる野菜料理のレシピを、「暮らしの手帖」などの写真が好評の砺波周平さんの撮影で紹介します。
自宅でのごはん作りを手軽に楽しむヒントがここに。

第27回 12年目の自由

 2010年の5月にツイッター「きょうの140字ごはん」を始めてから、丸11年になる。こんなに長く住むことになるとは思わなかった。ご登録いただいてから、今日でちょうど11年です──数日前にツイッター社からメッセージが届き、わが子の成長を見るような気がした。
 今ではここが、私の営業の本丸だ。「絶版になってしまう単行本をよみがえらせたい」と助けを求めれば、手をあげてくださる出版社がある。こんな企画を思いついたので書籍化したいとつぶやけば、お声がかかり、自ら足を運ぶ必要がない。11年前に思いつきではじめた浅見が、力が抜けていたがゆえに、先見の明になったか。
 11年のなかで、フォロワー数がぐぐっと伸びるきっかけになったレシピがいくつかある。その多くが、トマトを使ったレシピだ。
 トマトをじっくり焼く「トマトのポワレ」や、市販のインスタントラーメンをトマトの水分で煮る悪魔的な一品。それから、トマトから水分を抜いてむっちりした食感に仕上げる塩漬け──などなど。日本人は、というより、SNSに遊びにくる人というのは本当にトマトのことが好きだ。
 まず、あの色。そして、生でも、軽く火を通してもおいしい気軽さ。イメージ戦略でも、トマトは強い。トマト=リコピン、リコピン=フィトケミカルというのは、栄養学に詳しくない人でも一度は耳にしたことがあるのではないだろうか。おいしくて体に良くて、見た目にも美しい。茶色くなりがちな食卓のなかで彩りを担う、国民的食材である。

 じめじめしたこの季節は、体調を崩してしまう人が多い。私も、肌寒いようでいて体の芯には熱がこもり、調子が出ない日がある。そんな時に、このレシピをおすすめする。トマトに合わせるのは、同じく国民的食材の梅干し。
 トマトは皮付きのまま粗めのみじん切りにする。同じまな板の端っこで、梅干しを叩く。梅肉にうねを作るようにして、トントンと包丁の跡をつけると、ペースト状になって扱いやすくなる。
 トマトと梅肉を密閉容器に移して混ぜ、ここに、砂糖ほんの少しとおろし生姜を足してよく混ぜる。少なくとも30分以上置くこと。朝5分で仕込んでおけば、夕方にはおいしいトマトのタレができている。
 こういうレシピは、特に誰に習うようなものでもない。しかし、まったくの思いつきかというと、そんなことはないのである。
 野菜に塩を振ってしばらく置くと、浸透圧の関係で野菜から水分が出てくるという知識が、まず下敷きとしてある。それがトマトなら、水分そのものが濃ゆくておいしい。そして、塩を使うなら、旨味が凝縮された梅の塩分を使ったほうが味に深みが出る。それらのアイディアを、自分に都合のよいように重ねてはじめて、ひらめきがやってくる。
 何より、時間がないなかでも工夫しておいしいものを食べたいという気持ちが、アイディアの点と点を結んで翼を生えさせる。勝手にうまくなる料理のレパートリーは、いくつあってもいい。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

寿木けい

すずき・けい●富山県生まれ。早稲田大学卒業後、出版社で雑誌の編集者として働きつつ、執筆活動をはじめる。出版社退社後、暮らしや女性の生き方に関する連載を持つ。
2010年からTwitterで「きょうの140字ごはん」(@140words_recipe)を発信。フォロワーは現時点で12万人以上。現在、東京都内で夫と二人の子どもと暮らす。
著書にロングセラー『いつものごはんは、きほんの10品あればいい』、エッセイ集『閨と厨』、版を重ねている文庫版『わたしのごちそう365 レシピとよぶほどのものでもない』(河出書房新社)があり、いずれも話題となっている。

寿木けい公式サイト
https://www.keisuzuki.info/

砺波周平

となみ・しゅうへい●写真家。1979年仙台生まれ北海道育ち。
北里大学獣医畜産学部卒業。大学在学中から、写真家の細川剛氏に師事。
2007年東京都八王子市に東京事務所を置く傍ら、八ヶ岳南麓(長野県諏訪郡富士見町)に古い家を見つけ自分たちで改装し、妻と三人の娘、犬、猫と移り住む。
写真を志して以来、一貫して日々の暮らしを撮り続ける。現在、作品が「暮しの手帖」の扉に使用されている。東京都と長野、山梨に拠点を持ち活動中。

週間ランキング 今読まれているホットな記事