よみタイ

金内柊真「負けの烙印だけは押されたくない~新世代の逆襲」
「ゆとりだからとか若いからとか、そんな通り一遍な理由で負けの烙印だけは押されたくない」――有名になりたいと公言し、夢を叶えるためにがむしゃらに突き進む22歳・美容師・金内柊真。世代を超えて届けたい、熱すぎるメッセージがここに。

″自分らしさ″なんて実のところ「得意不得意」に過ぎない

自分探し=ひとり旅、みたいなところありますよね。
それについては「それじゃ見つからないんじゃないの?」と、少し疑問に思います。

だって、「自分らしさ」って結局周りの人が判断してくれることだと思うから。
少なくとも、僕はひとり旅では見つけられないですね。

だいたい行った先で「今度あいつとここに来たいな」って人の顔を思い浮かべちゃって、ただの下見になってしまいそうなんですよね(笑)。

非日常から「自分らしさ」は見つからない

「自分らしさ」。

美容師に置き換えて話すと、その人の作品の中にある「あ、あの人が作ったヘアスタイルだ」と思えるポイントだと思います。
それは、ヘアスタイルはもちろん、衣装やポージング、写真の雰囲気からにじみ出ている魅力。
それって、一朝一夕で身につけられるものじゃないんですよね。
日常の仕事の中で、磨かれていくもの。
「今日からカッコいいヘアを作るぞ!」なんて意図して選んだものではなく、自然と出てきてしまうものが「自分らしさ」なんじゃないかな、と。

「うわ、自分っぽいな〜」は、自分では認識しづらい。
「自分らしさを作る」も、難しい。

積み重ねの中で生まれた「自分らしさ」を人から発見してもらって、そこにさらに自分の考え方を乗せていく。
それが「自分らしさ」の形成のされ方だと思います。

それに、自分で「これが僕らしさだ!」思っていたところで、周りの人に伝わっていなければ、本当の「自分らしさ」ではないと思います。

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

金内柊真

かねうち・とうま●1996年大阪府出身。東京総合美容専門学校卒業後、
2017年よりヘアサロン「ALBUM」に入社し、現在は新宿店勤務。Twitterから発信する熱いつぶやきが多くの共感を集め、2018年8月に初の著書「才能が無ければその分努力すればいい」を刊行。2018年10月現在、Twitterでは約13万、Instagramでも約8万のフォロワーを持つ。

Twitter●https://twitter.com/Kaneuchi_Toma
Instagram●https://www.instagram.com/Kaneuchi_Toma/

週間ランキング 今読まれているホットな記事