よみタイ

金内柊真「負けの烙印だけは押されたくない~新世代の逆襲」
「ゆとりだからとか若いからとか、そんな通り一遍な理由で負けの烙印だけは押されたくない」――有名になりたいと公言し、夢を叶えるためにがむしゃらに突き進む22歳・美容師・金内柊真。世代を超えて届けたい、熱すぎるメッセージがここに。

緊張は「なくす」ものではなく「付き合う」もの――受験や面接であがってしまう人へ

受験や面接などで緊張してしまうという悩みを、ここ2か月でたくさん聞きました。僕もよく「緊張しない方法を教えて欲しい」と相談されます。
でも、結論から言うとそんな方法なんてないんですよ。緊張なんてするもんだし、適度な緊張感は大事、という部分もある。リラックスしすぎてもダメですからね。
緊張とは、上手く付き合うしかないんです。

「緊張していても堂々としている自分」をイメージして練習する

そもそも「緊張しない自分」をイメージして挑むから、緊張したときに対応できなくなります。
練習や想像とちがう状況に陥ると、緊張はどんどん悪い方に加速していきます。
なので、「緊張していても堂々としている自分」のイメトレをやっておくべきなんです。
その自分像を頭に置いて本番でしゃべれば、本番で緊張したって、予想の範囲内だから必要以上に心が乱れることはなくなる。

僕は、人前で話す機会があるときは、緊張することを前提として事前準備します。
その準備のひとつが、「キーワードだけを覚えて、話すこと全ては暗記しない」という方法です。
全文暗記型だと、緊張で一文でも忘れるとすべてがガラガラと崩れていってしまう。

なので、例えば「負けず嫌い」「根性」「諦めないことの大切さ」について話そうと決めたら、そのキーワードから話せるようにしておくんです。
もちろん話す練習をすることもありますが、内容は練習中でも確定させず、膨らませられるようにだけしておきます。

プラス、人前で話す練習もしておくといいかもしれません。友達5人くらいの前で練習。
それだけで全然違うと思います。

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

金内柊真

かねうち・とうま●1996年大阪府出身。東京総合美容専門学校卒業後、
2017年よりヘアサロン「ALBUM」に入社し、現在は新宿店勤務。Twitterから発信する熱いつぶやきが多くの共感を集め、2018年8月に初の著書「才能が無ければその分努力すればいい」を刊行。2018年10月現在、Twitterでは約13万、Instagramでも約8万のフォロワーを持つ。

Twitter●https://twitter.com/Kaneuchi_Toma
Instagram●https://www.instagram.com/Kaneuchi_Toma/

週間ランキング 今読まれているホットな記事