よみタイ

ブンゴウ泣きたい夜しかない。~文豪たちのなんだかおかしい人生劇場
「文豪」というと皆さんはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。
いつも気難しそうな顔をしてて、メガネかけてヒゲなんか生やしてて、伊豆あたりの温泉旅館の一室で吸い殻山盛りの灰皿を脇目に、難しい小説なんか書いてる…。そんなイメージを持たれがちな彼らですが、実は現代人とたいして変わらないような、実に人間臭い面もたくさんあるのです。

さて、今回は数々の名作を残しただけでなく、雑誌『文藝春秋』の創刊、直木賞・芥川賞の設立も成し遂げた文壇の大重鎮、菊池寛先生の短気が引き金となった大騒動の、ある意味、ユーモラスな顛末をお届けします。

【文豪と喧嘩】菊池寛・中央公論殴り込み事件! 広津和郎の小説『女給』が引き起こした泥沼抗争劇

菊池寛・中央公論殴り込み事件! 広津和郎の小説『女給』が引き起こした泥沼抗争劇

菊池寛(きくち・かん)
1888年12月26日 – 1948年3月6日
小説家、劇作家、実業家。京大英文科卒。一高時代の友人であった芥川龍之介、久米正雄らと共に第3次、第4次「新思潮」同人となる。新聞記者を経て、文芸春秋社を創設し、雑誌「文芸春秋」を創刊。芥川賞、直木賞を創設した。代表作は『真珠夫人』や戯曲『父帰る』など。

広津和郎(ひろつ・かずお)
1891年12月5日 – 1968年9月21日
小説家、文芸評論家、翻訳家。父親は明治期に活躍した小説家である広津柳浪。早稲田大学在学中に葛西善蔵、谷崎精二らと共に同人雑誌「奇蹟」を創刊。卒業後約半年『毎夕新聞』に勤めた後、文芸評論家として出発し「中央公論」に『神経病時代』を発表して作家としても注目される。代表作は『死児を抱いて』『風雨強かるべし』『松川事件と裁判』など。

『父帰る』や『恩讐の彼方に』など後世に残る作品を多数生み出した作家、菊池寛は1920年に新聞小説として執筆した『真珠夫人』の爆発的大ヒットで、一躍人気作家となります。

執筆依頼が殺到する中、「私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で考えていることを、読者や編集者に気兼ねなしに、自由な心持で云ってみたい」と立ち上げた月刊雑誌「文藝春秋」はみるみる部数を伸ばし、さらには映画会社の社長も務め、日本文藝家協会を設立するなど、作家としてだけでなく、実業家としても成功をおさめた人でした。
また、学生時代からの盟友であった芥川龍之介や、若くして亡くなった直木三十五の名を後世に残さんと芥川賞や直木賞を設立するなど、いつしか菊池寛は文壇の重鎮と呼ばれるようになっていきます。

菊池寛・初の通俗小説とされる『真珠婦人』。何度か映像化されているが、なんと2002年にもドラマ化され、話題に
菊池寛・初の通俗小説とされる『真珠婦人』。何度か映像化されているが、なんと2002年にもドラマ化され、話題に

「モデル問題から憤激し 菊池寛氏の暴行 婦人公論編集主任を撲り付け 紛争の形勢悪化す」

1930年8月18日、東京朝日新聞社会面にこんな記事が踊った。
菊池寛が雑誌「婦人公論」の編集主任を殴りつけたというのです。いったい何が起こったのか。事の発端は「婦人公論」で広津和郎が連載していた『女給』という小説でした。

『女給』は当時流行していたカフェで働く女給と客たちの人間模様を描いた作品ですが、当時のカフェとは今で言うところの喫茶店とは違い、女給がお酒の相手をしてくれる所謂いわゆるクラブのようなところで、日本で最初にできた「カフェー・プランタン」には森鷗外や永井荷風、谷崎潤一郎など多くの文人が通ったといいます。

広津和郎は自身も足繁く通ったカフェで馴染みになったある女給から聞いた話を元に『女給』を書いたと、のちに『続 年月のあしおと』で述懐しています。

「わたしのことを小説に書いて下さい」といって、自身のこれまでの人生について語りだした女給の話を聞いた広津は、以前から執筆依頼のあった「婦人公論」で小説にすることにしたのです。

そして、彼女の話を聞いているとある人物の名前が挙がりました。
菊池寛だ。彼女が言うには、菊池寛は北海道から出てきて間もない彼女に金銭的な援助をしてくれたそうだが、そんな菊池寛の親切をありがたく思いつつも、結局彼になびくことはなかったという。

広津は菊池と知らない仲ではありませんでした。若い頃はよく顔も合わせたし一緒に将棋を指したこともあった。作家としてデビューしたのも同じ頃。いわば共に文壇を駆け抜けた戦友じゃないか。
そんな彼がカフェの女給に入れあげ、お金まで渡して、結果フラれるという、とっても恥ずかしいゴシップ的なネタを書いてしまっていいのだろうか――
広津は大いに悩んだ。

「菊池君のことは、なかなか面白くて省くわけに行かない。」

いや、書くんかい!

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント
進士素丸

しんじ・すまる●1976年2月生まれ。ライター・文筆家。「文豪どうかしてる逸話集」(KADOKAWA)著者。文豪や歴史にまつわるツイートも話題に。
雑誌・ウェブ媒体などに寄稿しつつ、映像制作やデザインなども手掛ける。

Twitter●@shinjisumaru

週間ランキング 今読まれているホットな記事