よみタイ

ブンゴウ泣きたい夜しかない。~文豪たちのなんだかおかしい人生劇場
「文豪」というと皆さんはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。
いつも気難しそうな顔をしてて、メガネかけてヒゲなんか生やしてて、伊豆あたりの温泉旅館の一室で吸い殻山盛りの灰皿を脇目に、難しい小説なんか書いてる…。そんなイメージを持たれがちな彼らですが、実は現代人とたいして変わらないような、実に人間臭い面もたくさんあるのです。

今回は、言わずと知れた大文豪・夏目漱石と、その妻・鏡子の、凄まじい夫婦関係のお話を紹介します。

【文豪と夫婦関係】「私は一歩もここを動きません」心を病み暴力を振るう夏目漱石に対する妻・鏡子の涙の決心

夏目漱石(なつめ・そうせき)
1867年2月9日 – 1916年12月9日
東京生まれ。小説家。帝国大学英文科卒。少年時代から漢詩文に親しみ、大学予備門で正岡子規と親交を深め俳句を学んだ。帝国大学卒後、愛媛や熊本での教師生活を経て1900年に英国に留学。帰国後は第一高等学校と東京帝国大学で教鞭を取り、1905年から高浜虚子のすすめで『吾輩は猫である』を執筆し、続く『坊っちやん』『草枕』で文壇での地位を確立した。1916年12月9日、胃潰瘍により死去。

顔が修正されていた漱石のお見合い写真

明治の大文豪といえば夏目漱石を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。『吾輩は猫である』でデビューし、その後も『坊っちゃん』や『草枕』『三四郎』『こゝろ』など多くの作品を残した、日本近代文学の頂点の一人と言える小説家です。多くの弟子を持ち、鈴木三重吉や小宮豊隆、森田草平に寺田寅彦、内田百閒や芥川龍之介、久米正雄など数々の才能ある文人を輩出したことでも知られています。現在の東京大学である帝国大学英文科を卒業し、国費でイギリスに留学もした超エリートです。今回は夏目漱石が小説家になる前のまだ英語教師をしていた頃、妻となる鏡子さんとの出会いと結婚、夫婦生活についてのお話です。

漱石が結婚したのは29歳の時。お相手は貴族院書記官長・中根重一の長女である19歳の鏡子でした。年頃だった鏡子には縁談の話が多数舞い込んできていましたが、どの話にもいまいち乗り気になれず「この人になら自分の一生を託しようという気を起させる人物」がいなかったといいます。ところが漱石の見合い写真を見た鏡子は「上品でゆったりしていて、いかにもおだやかなしっかりした顔立ち」だと気に入ります。そして、一度お会いしましょう、ということになりました。

この時鏡子が見た漱石の見合い写真は少し修正がなされていました。幼少の時に疱瘡にかかり、あばたが顔に残っていた漱石でしたが、そのあばたがきれいに消されていたのです。見合い写真を仲人のところに持ってきた漱石の兄は「これはたいへんきれいに写っているが、あばたはありませんよ」とわざわざ言わなくていい言葉を残していきます。これでは「この写真は修整されていて実は顔にあばたがあります」と言っているようなものです。この件は仲人を通じて鏡子の耳にも入りました。

きれいに写っている(?)夏目漱石(所蔵/国立国会図書館)
きれいに写っている(?)夏目漱石(所蔵/国立国会図書館)

お見合いの当日、漱石はフロックコートで正装して中根家にやってきました。松山で教師をしていた漱石はこの日のために上京してきたのです。鏡子の父が書斎に使っている洋館二階の二十畳の部屋で漱石と鏡子が対面します。鏡子が漱石の顔を見ると、鼻の頭にあばたがあるのに気付きました。なるほど仲人が言っていたのはこの事か。しかしお見合いの席です。鼻の頭ばかりじろじろと見るわけにもいきません。給仕をしていた鏡子の妹の時子も漱石の鼻の頭の件に気付いたようです。見合いが終わり、漱石が玄関から出て行った瞬間に「お姉さん、夏目さんの鼻のあたま横から見ても縦から見てもでこぼこしてるのね。あれはたしかにあばたじゃない」と時子が言い、「ええ、わたしもそう思ったわ」と鏡子。お見合いの緊張から解放されて笑い合う若い娘たちの微笑ましい光景です。

一方、漱石の方はといいますと、家に帰り着くと兄たちが「どうだった」「気に入ったか」と寄ってたかって質問攻めにします。漱石が鏡子の印象について「歯並びが悪くてそうしてきたないのに、それをしいて隠そうともせず平気でいるところが大変気に入った」と答えると、「だから金ちゃん(金之助=漱石の本名)は変人だよ」と笑いました。

「鼻の頭のあばた」とか「歯並びの悪さ」とか、それぞれよく分からないところで盛り上がってはいますが、二人の第一印象はまずまずだったようです。

1 2 3 4

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

進士素丸

しんじ・すまる●1976年2月生まれ。ライター・文筆家。「文豪どうかしてる逸話集」(KADOKAWA)著者。文豪や歴史にまつわるツイートも話題に。
雑誌・ウェブ媒体などに寄稿しつつ、映像制作やデザインなども手掛ける。

Twitter●@shinjisumaru

週間ランキング 今読まれているホットな記事