よみタイ

ブンゴウ泣きたい夜しかない。~文豪たちのなんだかおかしい人生劇場
「文豪」というと皆さんはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。
いつも気難しそうな顔をしてて、メガネかけてヒゲなんか生やしてて、伊豆あたりの温泉旅館の一室で吸い殻山盛りの灰皿を脇目に、難しい小説なんか書いてる…。そんなイメージを持たれがちな彼らですが、実は現代人とたいして変わらないような、実に人間臭い面もたくさんあるのです。

今回は、かつて人嫌いで孤独を愛していた江戸川乱歩が、戦後すっかり社交的な人間になるまでのお話です。

【文豪と社交】凄まじいサボり癖と人間嫌いの江戸川乱歩を、リーダー気質に変えた意外な戦時生活

江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)
1894年10月21日 – 1965年7月28日
小説家、推理小説家。三重県出身。早稲田大学政経学部卒業。中学生のころに黒岩涙香の『幽霊塔』などの作品に触れて以来、欧米のミステリー作品に熱中する。1923年に『二銭銅貨』を発表しデビュー。以降多くのミステリー作品を発表し近代的な推理小説を確立した。怪奇小説や幻想的な作品なども手掛け、戦後は推理小説の普及と後輩の育成、研究・評論にも尽力。ペンネームはエドガー・アラン・ポーに由来する。代表作に『人間椅子』『陰獣』『パノラマ島奇譚』など。

仕事が続かない理由は、朝寝坊

江戸川乱歩といえば、1923年のデビュー作『二銭銅貨』で本格的な暗号トリックを披露し、近代日本探偵小説の先駆をなした作家であります。また、本格ミステリーだけでなく、ホラー小説や明智小五郎シリーズ、子供向けの少年探偵団シリーズなども執筆し、大人から子供まで幅広い世代から支持されました。後進の推理小説作家たちの育成にも尽力し、「探偵作家クラブ」を設立するなど、推理小説の地位の確立に大きく貢献した、日本の探偵小説・推理小説の歴史において欠かすことのできない人物です。

大正5年に早稲田大学の政治経済学科を卒業した乱歩は、小説家になるまでのあいだに「十四、五の職業を転々とした」といいます。貿易会社社員、タイプライターのセールスマン、漫画雑誌の編集者、役所職員、新聞記者、ポマード製造所の支配人、弁護士事務所の手伝い、弟二人と本郷の団子坂で始めた古本屋「三人書房」は経営がうまくいかず、生活費を稼ぐために屋台ラーメン屋をやったこともありました。探偵事務所の面接に行った時は、海外ミステリー小説で得た知識を存分に生かして、自分が如何に探偵というものに精通しているかを披露した結果、不採用になっています。

なぜこうも仕事が続かないのか、理由はいたってシンプルで、乱歩本人は「朝、起きれないから」と語ります。

「朝起きて弁当もって、ちゃんと定時間勤めて帰るという事が、非常に向かないんです。だから、いつも朝、寝坊しちゃってねえ。寝坊すると、つい具合悪くなって休んじゃうでしょう。直ぐしちゃうんだなあ、勤めても、勤めても」

1912年頃の江戸川乱歩(写真提供/日本近代文学館)
1912年頃の江戸川乱歩(写真提供/日本近代文学館)

大正6年に入社した鳥羽造船所での勤務は、技師長に気に入られたこともあって比較的長く続きましたが、乱歩のさぼり癖は相変わらずで、出社せずに自室の押し入れに布団を敷いて、その中に引き籠って過ごした日もありました。なぜわざわざ押し入れの中に引き籠っていたかというと、他の社員たちが勝手に部屋に入ってくるからといいます。乱歩は人ぎらいでもあったのです。

仕事がなく仕方なく父親の家にいた頃も、家族と一緒にいるのがいやで近所の空き家を借りて一人で過ごすようになります。窓も玄関も閉めきっているので誰も人が住んでいるとは思いません。その中でぼんやりと天井を見つめて過ごす乱歩。よく見ると天井板にフシ穴がいくつも見える。あの穴からピストルを撃ったら……、いやいや、あるいは毒薬を垂らしたら……。一人暗い部屋で楽しむ妄想はのちに『屋根裏の散歩者』に生かされることになります。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

進士素丸

しんじ・すまる●1976年2月生まれ。ライター・文筆家。「文豪どうかしてる逸話集」(KADOKAWA)著者。文豪や歴史にまつわるツイートも話題に。
雑誌・ウェブ媒体などに寄稿しつつ、映像制作やデザインなども手掛ける。

Twitter●@shinjisumaru

週間ランキング 今読まれているホットな記事