よみタイ

ブンゴウ泣きたい夜しかない。~文豪たちのなんだかおかしい人生劇場
「文豪」というと皆さんはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。
いつも気難しそうな顔をしてて、メガネかけてヒゲなんか生やしてて、伊豆あたりの温泉旅館の一室で吸い殻山盛りの灰皿を脇目に、難しい小説なんか書いてる…。そんなイメージを持たれがちな彼らですが、実は現代人とたいして変わらないような、実に人間臭い面もたくさんあるのです。

今回紹介するのは、久米正雄の部屋に集まる作家チームと、広津和郎の部屋に集まる文士チームが、ひょんなことから将棋対決することになったお話です。

【文豪と将棋】文壇最強の棋士は誰だ?! 広津和郎、菊池寛、野口雨情……将棋チームバトル、驚愕の結末

将棋を趣味とした文士たち

野口雨情(のぐち・うじょう)
1882年5月29日 – 1945年1月27日
茨城県出身。詩人、童謡・民謡作詞家。東京専門学校(現早稲田大学)中退。北海道での新聞記者時代、茨城の村での公職を経て、児童雑誌『金の船』等に作品を次々と発表。『七つの子』『赤い靴』『青い眼の人形』『シャボン玉』『黄金虫』など多くの名作を残し、民謡・童謡の普及に尽力した。北原白秋、西條八十とともに、童謡界の三大詩人と言われる。

広津和郎(ひろつ・かずお)
1891年12月5日 – 1968年9月21日
小説家、文芸評論家、翻訳家。父親は明治期に活躍した小説家である広津柳浪。早稲田大学在学中に葛西善蔵、谷崎精二らと共に同人雑誌「奇蹟」を創刊。卒業後約半年『毎夕新聞』に勤めた後、文芸評論家として出発し「中央公論」に『神経病時代』を発表して作家としても注目される。代表作は『死児を抱いて』『風雨強かるべし』『松川事件と裁判』など。

井伏鱒二や織田作之助、坂口安吾に直木三十五、山本周五郎や山本有三などなど将棋を趣味とした文士は多くいます。その中でもかなりの実力者だったのが幸田露伴で、その腕はプロから段位を許されるほどでした。その次に強いといわれたのが菊池寛です。学生の頃からならしたその腕は相当なもので、文壇でも菊池の強さは有名なものでした。

大正10年頃、本郷五丁目に住んでいた久米正雄の部屋に集まって、いつも将棋を指していた菊池寛や佐佐木茂索、滝井孝作といった仲間たち。その久米正雄の部屋の向かいにあった八重山館という下宿屋に住んでいたのが広津和郎です。ある日、どういう話の流れからなのか、この広津和郎の部屋に集まる文士たちと久米正雄の部屋に集まる文士たちで将棋対決をすることになったのです。言い出したのは広津和郎です。

この広津和郎、将棋対決を挑むくらいですから相当の腕前なのかと思いきや、なんとずぶの素人。ほとんど将棋なんてやったことがないという広津和郎、なんでまた将棋対決なんて言い出したのか全くもって謎です。しかも相手にはあの菊池寛がいるというのに。文士の気まぐれというものでしょうか。

・それぞれ7名の棋士を選出する
・総当たりで勝ち点の多い方を勝ちとする
・試合は一週間後とする

ルールは以上と取り決められました。「勝抜き戦にしたら、菊池寛一人に味方の全部が負けてしまうだろうが、これなら僥倖もあり得ると思ったからである」という広津。この試合申し込みの日から将棋の特訓が始まりました。メンバーは後に日本麻雀連盟の創立メンバーになった川崎備寛や後に画家となる松本弘二、後に菊池寛の秘書となる鈴木氏亨などなど。その中でも一番将棋の弱い広津は「正式な稽古ではとても間に合わないので、石田流のインチキなやり方を誰からか教わって、それ一つを稽古することにした」という。それがどのような戦法だったのか詳しく書かれていません。将棋に興味のない広津ですから詳しく書く気もなかったのかもしれません。努力とかしたくない広津は「相手が知っていれば簡単に受けられてしまうが、知らなければ、一気に敵地になだれ込めよう」というこの戦法一本槍で挑む事にしたのです。

突然現れた作詞家・野口雨情

26歳の野口雨情(写真提供/野口雨情記念館)
26歳の野口雨情(写真提供/野口雨情記念館)

明日がいよいよ試合当日だという最後の日の夕方。画家の林倭衛が一人の男を連れて広津の部屋を訪ねてきました。林はみんなが真剣な顔をして将棋盤に向かっている光景を見て「一体これはどうしたことだ」と驚きつつ、連れてきた男の方へ振り向いて「紹介するよ。こちら野口雨情さん。こちらが広津君」と二人を引き合わせた。野口雨情とは詩人であり作詞家。「しゃぼん玉」や「赤い靴」「證誠寺の狸囃子」など現代でも誰もが知るような歌詞を多く残した人物です。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

進士素丸

しんじ・すまる●1976年2月生まれ。ライター・文筆家。「文豪どうかしてる逸話集」(KADOKAWA)著者。文豪や歴史にまつわるツイートも話題に。
雑誌・ウェブ媒体などに寄稿しつつ、映像制作やデザインなども手掛ける。

Twitter●@shinjisumaru

週間ランキング 今読まれているホットな記事