よみタイ

ブンゴウ泣きたい夜しかない。~文豪たちのなんだかおかしい人生劇場
「文豪」というと皆さんはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。
いつも気難しそうな顔をしてて、メガネかけてヒゲなんか生やしてて、伊豆あたりの温泉旅館の一室で吸い殻山盛りの灰皿を脇目に、難しい小説なんか書いてる…。そんなイメージを持たれがちな彼らですが、実は現代人とたいして変わらないような、実に人間臭い面もたくさんあるのです。

さて、今回は日本初の女性による女性のための雑誌『青鞜』を創刊、女性の解放運動家として活躍し、第二次世界大戦後は反戦と平和運動にも積極的に参加したフェミニストの元祖ともいうべき平塚らいてうの生涯の後編をお届けします!

前編はこちら

【文豪とフェミニズム】今でいう婚前契約書のハシリ? 一目惚れした男に送った結婚に関する質問八ヶ条〜平塚らいてう誕生物語(後編)

「世間からなんといわれようとわたくしたち二人は、愛する者同士である」従来の結婚制度に縛られない、らいてうが愛する男に送った結婚に関する質問八か条

平塚らいてう(ひらつか・らいちょう)
1886年2月10日 – 1971年5月24日
作家であり思想家、戦前戦後にわたって活動した女性解放運動家。東京都出身。女性による女性のための雑誌『青鞜』を創刊し、女性の政治的・社会的自由を確立させるための日本初の婦人運動団体として新婦人協会を設立。第二次世界大戦後は反戦平和運動にも積極的に参加し、1971年に85歳で亡くなるまで精力的に活動を続けた。

(前編はこちら

1912年の夏、茅ヶ崎に滞在していたらいてうは、奥村博史という5歳年下の青年と出会います。奥村博史は大下藤次郎という水彩画家の研究所に通う若い画学生でした。この日、たまたま実家のある藤沢に帰省していた奥村は、藤沢駅で雑誌『朱欒ザンボア』を熱心に読んでいる男を見かけます。『朱欒』は北原白秋が主催する雑誌で奥村はこの雑誌のファンでした。奥村はじりじりとその男に近づいて雑誌を覗き見しようとします。実はこの覗き見されている男は『朱欒』の出版元である東雲堂の若主人、西村陽吉という人物で、らいてうの『青鞜』を是非うちでも発行したいと、らいてうを訪ねに来たところだったのです。

『朱欒』をきっかけに出会ったこの二人、なぜか意気投合し、西村陽吉は奥村を、らいてうのもとに連れて行きます。そうして出会うこととなった、らいてうと奥村。二人の出会いについて奥村は「眼と眼が合った瞬間、心臓を一突きに射ぬかれたようなせんりつが走り、青年になってはじめて、かつて覚えぬ想いで、ひとりの女性を見た」と書き、らいてうは「この異様な、大きな赤ん坊のような、よごれのない青年に対して、かつてどんな異性にも覚えたことのない、つよい関心がその瞬間に生まれたのでした」と書いており、初対面にして強く魅かれ合ったことがうかがえます。
さらに、らいてうは「運命のであい」とまで書き「軽くつまんだような上唇のあたりに漂う、あどけないほどの純良さが、わたくしにはひと目で好ましいものに思われました」と当時を振り返ります。
はい、一目惚れですね。

女性による女性のための雑誌『青鞜』を創刊した、らいてう。(写真提供/日本近代文学館)
女性による女性のための雑誌『青鞜』を創刊した、らいてう。(写真提供/日本近代文学館)

若いツバメの語源がこんな逸話にあろうとは

しかしこの二人の恋に邪魔が入ります。

当時、青鞜社の社員であり天才少女画家といわれた尾竹紅吉おたけべによしは、らいてうに強く憧れており、二人の関係に嫉妬した紅吉は奥村に牽制するような手紙を送りつけます。また、奥村の友人である新妻莞にいづまかんも、学生は勉強を本分とするべきと奥村をたしなめ、二人を引き離そうとしました。

互いの知人友人に恋路を妨害された奥村は「池の中で二羽の水鳥たちが仲良く遊んでいたところへ、一羽の若い燕が飛んできて池の水を濁し、騒ぎが起こった。この思いがけない結果に驚いた若い燕は、池の平和のために飛び去って行く」と書き、らいてうの元を去っていってしまいました。

しかし、らいてうはこの文章に違和感を覚えます。奥村の人柄にそぐわない気取った文章がどうも気にかかるというのです。らいてうの直感は正しく、この文章は二人を別れさせんがために新妻が奥村に書かせたものだったのです。
ちなみにこの文から「若い燕」という言葉は一人歩きし、「年上の女性の愛人になっている若い男」という意味の俗語が生まれました。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

進士素丸

しんじ・すまる●1976年2月生まれ。ライター・文筆家。「文豪どうかしてる逸話集」(KADOKAWA)著者。文豪や歴史にまつわるツイートも話題に。
雑誌・ウェブ媒体などに寄稿しつつ、映像制作やデザインなども手掛ける。

Twitter●@shinjisumaru

週間ランキング 今読まれているホットな記事