よみタイ

ブンゴウ泣きたい夜しかない。~文豪たちのなんだかおかしい人生劇場
「文豪」というと皆さんはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。
いつも気難しそうな顔をしてて、メガネかけてヒゲなんか生やしてて、伊豆あたりの温泉旅館の一室で吸い殻山盛りの灰皿を脇目に、難しい小説なんか書いてる…。そんなイメージを持たれがちな彼らですが、実は現代人とたいして変わらないような、実に人間臭い面もたくさんあるのです。

さて、今回紹介するのは、読売文学賞を受賞し文化功労者にもなった日本を代表する詩人であると同時に、居酒屋の店主になり、ケンカに明け暮れた草野心平の豪胆なお話でございます。

【文豪と居酒屋】本業は詩人? それとも居酒屋店主? 酒と食をこよなく愛し、不埒な客は殴り飛ばす文壇屈指のファイター・草野心平

蛙の詩人・草野心平の破天荒な居酒屋経営生活

草野心平(くさの・しんぺい)
1903年5月12日 – 1988年11月12日
詩人。福島県出身。慶応義塾普通部を中退後、1921年に中国に渡り嶺南大学で学ぶ。在学中に詩作を始め、詩誌『銅鑼どら』を創刊。1928年には全篇で蛙をモチーフとした『第百階級』を刊行。
貧困生活の中でも精力的に詩作を続け、宮澤賢治、高村光太郎、萩原朔太郎、中原中也などの詩人と親交。特に宮澤賢治の没後、その作品の紹介、研究に力を尽くした。1975年日本芸術院会員、1987年文化勲章受章。

料理好きの文士と言えば『檀流クッキング』という本を出している檀一雄の名前が挙がりますが、その檀一雄と飲み友達だった草野心平も料理好き文士として忘れてはいけません。
1977年に勲三等瑞宝章、1983年に文化功労者、1987年に文化勲章などを受章した草野心平は紛れもなく日本を代表する詩人の一人ですが、酒と食を愛した詩人でもありました。

「ある日、上目黒のガード近くの原っぱのなかに屋台が一つほったらかしてあるのに気がついた。埃と泥まみれのその古ぼけた代物を見た途端、私はこいつでやきとり屋をやろうと独りぎめした」

昭和6年、まだ詩人として食えなかった心平は、原っぱの中に打ち捨てられたような屋台を買い取って、焼き鳥屋で生計を立てることを思いつきます。もちろんお金なんて持っていないので屋台の代金は同郷の先輩に用立ててもらいました。心平は、赤坂の焼き鳥屋が繁盛していると弟が言うのでさっそく弟子入りし、半月間修業します。修業を終え、出店場所に麻布十番を選ぶと、焼き鳥屋の道具類を購入するためにこれまた借金します。金を貸したのは佐藤春夫でした。その辺りを仕切っているテキ屋連中にもわたりをつけ、いよいよ開店です。なんという展開の早さでしょうか。店名は出身地である福島県石城郡にちなんで『いわき』としました。

首尾よく開店まで漕ぎつけたのは良かったが、これがまったく儲からない。焼き鳥を焼いても焼いてもたいした利益も出ず、生活は一向に良くなりません。儲からな過ぎてお酒も買えないのでお客のお酒を飲ましてもらい、自宅の炊事に使う薪を買うお金もないので近所の表札をはがして燃やしてしまいます。酔った勢いで詩人仲間が炭俵を盗んで一緒に警察に捕まったこともありました。この時は勢いあまって警官を殴ってしまいこっぴどく絞られたようです。みかねた友人が紹介してくれた出版社に入社すると、焼き鳥屋ではひと月働いて30円にも満たなかった収入が月70円に。心平さん最初からそうすればよかったのでは?

読売文学賞を受賞した翌年の草野心平(写真提供/草野心平記念文学館)
読売文学賞を受賞した翌年の草野心平(写真提供/草野心平記念文学館)
1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

進士素丸

しんじ・すまる●1976年2月生まれ。ライター・文筆家。「文豪どうかしてる逸話集」(KADOKAWA)著者。文豪や歴史にまつわるツイートも話題に。
雑誌・ウェブ媒体などに寄稿しつつ、映像制作やデザインなども手掛ける。

Twitter●@shinjisumaru

週間ランキング 今読まれているホットな記事