よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

国宝級のタレ焼肉! 「3密」を避けて最高に旨い和牛を食べられる名焼肉店

では、肝心の焼肉の味はどうか。
これはもう最高に素晴らしい。

仕入れる牛肉は、個人ブランド牛の中でも最高評価を受けている田村牛を筆頭に、兵庫県の但馬牛や赤身の味わいを追求した八重山郷里牛など、厳選された仕入れとはまさにこの事だろう。

ちなみに田村牛を肥育している田村畜産や八重山郷里牛を肥育している石垣島きたうち牧場など、肉バカは何度か牧場見学に行ったことがあるが、環境から飼料までとにかくこだわりが強く、見た目ではなく牛肉そのものの味を追求しているのが印象的だった。

焼肉だけじゃない! 肉を極めた店主が作るローストビーフもまた絶品
焼肉だけじゃない! 肉を極めた店主が作るローストビーフもまた絶品

もちろん、焼肉かねこの凄さは仕入れだけじゃない。

サシの入ったサーロインは、脂を強く感じ過ぎないように薄切りに。
柔らかなヒレは厚切りにして、繊細な食感を存分に感じ取れるように。
赤身のクリノミは、あえて肉の繊維を感じられる向きで薄切りにすることで、ジューシーな食べ応えを実現している。

さらに、見た目にも美しいカットは、部位ごとに厚さを変えているだけじゃなく、1頭1頭の個体差にまであわせて、その厚みなどを変えている。
熱源である炭の強さや網の太さに至るまで、計算し尽くされ、ベストな状態を模索して生み出されたカットは、積み重ねた経験と飽くなき探求心の賜物だ。

美しい霜降りサーロインは繊細な甘みがたまらない
美しい霜降りサーロインは繊細な甘みがたまらない
1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事