よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

焼肉はもちろん、前菜がリーズナブルで美味し過ぎる焼肉屋がニューオープン

刺し系やタタキ系も豊富なのが兎月の嬉しいところ。

横関さんは、鮮度抜群のホルモン類を仕入れ、素材にあわせて絶妙な仕事を加えていく。

例えば、お店の名前にも使われているタンへのこだわりは当然強く、上質な黒タンをしっかりと仕入れているのだ。
だからこそタン刺しの美味しさは言うに及ばず。
サクサクとした感覚が前歯に訪れ、その後にじんわりと甘みが広がる。

それ以外にもハツ刺しやミノ刺しなどもあり、少人数なのであれば盛り合わせにしてもらうのがオススメ。

豊富な刺し類はぜひ盛り合わせで
豊富な刺し類はぜひ盛り合わせで

豊富な前菜にテンションも上がり、つい色々食べてしまうだろう。

しかし、しっかりと焼肉も食べなくてはならない。
これだけ食べて満腹などと言っていてはまだまだ修行が足りないのだ。

まずは焼肉の定番のタン。
はっきり言って、兎月のタンはレベルが高い。

片面は香ばしく、もう片面はレアめに焼けば、刺身とは別次元の旨味の強いタンを味わえる。

食感もさらに良くなるだろう。

ハイレベルのタンは旨味抜群
ハイレベルのタンは旨味抜群

ネギがたっぷりと乗ったシマチョウも絶対的な名物だ。

焦げを恐れずに強火で焼いた脂はどこまでも甘く、歯切れのいい皮とネギの食感が実に奥深い。

あまりの歯切れのよさに、すぐに飲み込みたくなるが、我慢してしっかり噛んでみること。
ホルモンの旨味の全てを舌で感じられるだろう。

甘い旨味に溢れるシマチョウ
甘い旨味に溢れるシマチョウ

タレ焼肉も独創的でついついお箸が進んでしまうメニューが多い。

個人的にはハラミのすき焼きがリピート必至。
黒毛和牛のハラミを薄く広げるようにカットし、サッと炙るように火を入れ、最後は卵につけてすき焼き風に。

肉汁豊富なハラミに、割下と卵が絶妙に絡み合い、まろやかでありながら肉々しい味わいを実現している。

もちろん焼肉も素晴らしい
もちろん焼肉も素晴らしい

がっつり食べたい時も、サクッと食べたい時も、使い勝手がよく、非常に重宝する。

しかも営業は翌朝5時まで。
仕事終わりが遅い飲食店の方にもオススメしたい。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事