よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

焼肉はもちろん、前菜がリーズナブルで美味し過ぎる焼肉屋がニューオープン

いったん揚げ物から離れてしまったが、やはりどうしても食べてもらいたい物がある。

それが揚げ餃子。

焼餃子も捨てがたいが、やはり揚げ餃子も捨てがたく、肉好きは当然両方オーダーする。

これだけ手間暇かかっているのに、一皿580円とは恐ろしくリーズナブルだ。

こちらも必食、揚げ餃子
こちらも必食、揚げ餃子

ここまでは、他の焼肉屋ではなかなか食べられない兎月ならではのメニューを紹介したが、焼肉といえばお馴染みにメニューであるモツ煮込みも秀逸だ。

脂がプルプルのモツがたっぷりと入っていて、食べ応えのあるタン筋等もはいっている。

濃厚な出汁は最後まで飲み干してしまうほどの旨味で、これだけでご飯が止まらない。

ご飯がとまらなくなるモツ煮込み
ご飯がとまらなくなるモツ煮込み
1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事