よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

予約するなら今がチャンス! 最高のタンが食べられる焼肉名店が移転オープン

メニューには載っていないが、静龍苑にはハラミがあることもある。
オーダー時に店員さんに聞いてみるのがいいだろう。
幸運にもハラミがあったらオーダーは必須。

塩でもタレでも美味しいが、肉バカのオススメはやはり塩焼。
肉々しさを感じさせる噛み応えの後に、溢れる肉汁と塩の味付けが口の中で化学反応を起こし、他では味わえない至福を約束してくれる。

ハラミがあったらラッキーに尽きる
ハラミがあったらラッキーに尽きる

正肉は塩焼きではなくタレ焼きが基本。
希少部位を謳うわけではなく、カルビにロース、そして上カルビと上ロース。飾らないスタイルが実に潔い。

昔は上カルビや上ロースを好んでオーダーしていたが、最近は並のロースが肉バカのお気に入り。
並だからといってバカにしてはいけない。 焼き過ぎ厳禁で、表面の色が変わるくらいサッと炙って食べるのがいい。

並とは思えないロースはさっと炙るだけでよし
並とは思えないロースはさっと炙るだけでよし

正肉のタレは醤油ベースだが、ホルモンのタレは味噌がベース。
子袋は豚の子宮だが、サクサクとした食感好きにはたまらないだろう。

ホルモンのタレは味噌ベース
ホルモンのタレは味噌ベース

意外に見落とされがちなのが味噌ダレで食べるタン。
濃厚な味噌ダレがタンの肉汁にベストマリアージュ。 いつものタンとは違った新しい美味しさを教えてくれる。

味噌ダレとタンのマリアージュもまた格別
味噌ダレとタンのマリアージュもまた格別

肉以外では、旧店舗の頃から人気だった卵スープと自家製プリンも健在。
もちろんオーダーしてほしい。最後まで相変わらずの素晴らしさだ。

店舗前はお祝いのお花でいっぱいで、いかに静龍苑が愛されているかわかる。
ただし、新店舗での営業がすでに始まっていることをまだ知らない人も多いので、予約をするのであれば今がチャンスといえる。

お店はキレイに変わったが、当然、焼肉好きが愛したパンチのあるあの味付けは健在。
さあ、ハマりにいこう!

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事