よみタイ

小池克臣「No Meat,No Life.を生きる男の肉だらけの日々 肉バカ日誌」

今ならまだ間に合う! もうすぐ予約が取れなくなるメチャクチャ美味しい焼肉屋!!

誰もが好きなハラミも秀逸。

並のハラミも良いが、オススメは上ハラミ。
細かなサシが入った上ハラミは、見ただけでその上質さが伝わってくる。

焼き上がったハラミにかぶりつけば、野性味より上品さを感じさせる食感で、噛むほどに咀嚼という行為が嬉しくなるような旨味が口に広がる。

いつもタレで食べているが、塩でオーダーしても間違いないであろう。

上品さを感じさせる食感の上ハラミ
上品さを感じさせる食感の上ハラミ

最近の焼肉屋では、メニューが希少部位名で覆い尽くされているところが多いが、ニワはカルビやロース、といったトラディショナルスタイルを貫いている。

上や特上はもちろん美味しい。
だが、ニワのロースやカルビは並でも十分。

ロースはサシが少ないが、硬さなど微塵も感じさせず、むしろ繊細で柔らかな食感。

甘めのタレとの相性も良いが、辛味が欲しい場合はコチュジャンをタレに混ぜるとパーフェクト。

ロースは並でも十分。繊細で柔らかだ
ロースは並でも十分。繊細で柔らかだ

並のカルビもしっかりとしたクオリティ。

脂のしつこさもなく、むしろこの脂のバランスのいい甘みがご飯への欲求を高めてくれる。
白米片手にひたすらカルビをリピートするのも最高かもしれない。

白米片手にカルビをリピートする至福
白米片手にカルビをリピートする至福
1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事