よみタイ

特上だけが全てじゃない!並カルビと並ロースが美味しい焼肉屋は何を食べても美味しい!

<焼肉ジャンボ>

創業30年を超えた名店「ジャンボ」は、篠崎本店を筆頭に、国内では本郷、はなれ、白金、とお店を構えている。

驚くべきは、店舗ごとにそれぞれのオリジナリティを出しながらも、どの店舗も「ジャンボらしさ」をしっかりと主張していることだ。

希少部位は最高に美味しい
ジャンボらしさがあるサイドメニューも全部美味しい。

それでも、これだけはハッキリと言いたい。

ジャンボを語るなら、まず並ロースを死ぬほど食べてからにして欲しい。

運ばれてきた並ロースを見ただけで、それが尋常じゃないことが分かるだろう。
ユッケが食べられた時代は、まずは生で並ロースを1枚食べたものだが、今は軽く炙る程度でいただく。

素材、カット、タレの3種がマリアージュが至福の時間を約束してくれるだろう。

昔は、まず並ロースを食べてから、希少部位を注文させてもらっていたのを思い出すと、不思議と感慨深くなる。

それだけ肉バカにとって、ジャンボは思い出深い焼肉屋なのだ。

<清香園>

清香園は東京のほうではなく、千葉にある焼肉屋のほう。

栄町といって、千葉駅から近い場所にお店を構えている。
歴史を感じさせる外観で、期待が高まるだろう。

当然のように制服などなさそうだが、エプロンも何もつけていない、普通のお客さんのようなおじちゃんが注文を取りに来てくれる。

オススメを聞けば、当然の如く「うちは並が旨いから!」と。
そのおじちゃんの言葉を信じてロースを頼むと、おじちゃんを信じた自分を褒めたくなる。

ちなみに、塩ダレは少々味が強いので、オススメはタレ。
何人前でも食べたくなってしまう。

わざわざ千葉まで行くのであれば、並メニューを制覇せずには帰れない。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Facebookアカウント
  • よみタイX公式アカウント

関連記事

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事