よみタイ

特上だけが全てじゃない!並カルビと並ロースが美味しい焼肉屋は何を食べても美味しい!

<焼肉あかぎ>

地下鉄・茅場町駅から徒歩1分の好立地にあるのが「あかぎ」。

お店は移転して1年ほどということなので、長く営業をしているにもかかわらず、キレイな店内で焼肉を楽しむことが出来る。

あかぎの凄さは、まずタンやハラミを1口食べるだけで、すぐ分かる。

老舗の内臓卸とのコネクションをフル活用して、鮮度抜群で極上のタンやハラミ、ホルモンが揃う。

タンやハラミといった内臓類のクオリティだけでも驚きなのに、カルビやロースといった正肉も極上の雌牛だけしか仕入れないというこだわりで、そのレベルもすこぶる高い。

特に並ロースはしっとりとした柔らかさと、タレに負けない肉そのものの旨味が強い。

クオリティを考えるとご奉仕価格としか思えない。
平日から近くのサラリーマンで賑わっているので、まず予約を取って突入してみて欲しい。

<都内某所T>

小さな店内だが、女将さん一人で切り盛りしているので、あえて店名は伏せさせていただく。

ただ、どうしても紹介したいロースがここにはある。

一部で「飲めるロース」と言われるロースは、適度な霜降りで赤身とサシのバランスが良く、柔らかな食感。

ロースターの中でも直火の当たらない部分にロースを乗せて焼くのだが、お肉を広げてはならない。

山形に重ねるように盛って焼く、というオリジナリティが面白い。

また、ロースを包み込んでいるオリジナルのタレがまた凄い。
成分分析的なことが苦手なので、表現が難しいが、このタレがとにかく美味しく、ロースの素晴らしさを際立たせている。

店名は伏せているが、焼肉を愛する読者であれば、必ずや辿り着けると信じている。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Facebookアカウント
  • よみタイX公式アカウント

関連記事

小池克臣

こいけ・かつおみ●1976年、神奈川県横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。焼肉を中心にステーキやすき焼きといった牛肉料理全般を愛し、さらには和牛そのものの生産過程、加工、熟成まで踏み込んだ研究を続ける肉の求道者。著書に『No Meat,No Life.を実践する男が語る和牛の至福 肉バカ。』がある。
公式ブログ「No Meat, No Life.」→ http://d.hatena.ne.jp/BMS12/

週間ランキング 今読まれているホットな記事