よみタイ

経験と知識を詰め込んだ究極のエビチリ

<材料>

(3~4人分)
・海老 15尾
・長ネギ 15cm
・片栗粉 大さじ4
・酒 大さじ1
・しょうが 一片
・にんにく 一片
・サラダ油 適量

[A]
・ケチャップ 大さじ3
・豆板醤 小さじ1
・鶏ガラスープの素 小さじ1/2
・砂糖 小さじ2
・しょうゆ 小さじ1
・しょうが(すりおろし) 小さじ1

[B]
・酒 大さじ1
・片栗粉 大さじ1
・水 大さじ2
・ごま油 大さじ1

<レシピ>

①海老の殻をむく。
point
形が崩れないように、背わたは残しておく。

②バットに海老を並べて、上から片栗粉を、こし器でまんべんなく振りかける。裏面も同様に振りかけ、全体を混ぜてまぶしていく。

③酒をバットの縁から入れて全体に広げておく。

④にんにくは芯を取らずに薄切り、しょうがはみじん切りにして、2つを合わせておく。長ネギは1cmの輪切りにする。
point
長ネギは、外側の一枚をはがしてから切ると、新鮮な食感が楽しめる。

⑤フライパンに長ネギが半分浸るくらいのサラダ油を入れて強火にかけ、長ネギを投入する。少し焦げ目がついたら取り出す。油は別にとっておく。
point
こうすることで中がとろっとした仕上がりになる。

⑥別にしておいた油から大さじ2杯をフライパンに戻して中火にかけ、④のにんにくとしょうがを炒める。

⑦香りが立ってきたら、フライパンに海老を入れる。フライパンをかえしながら、全体を絡める。

⑧海老の表面に焦げ目がついてきたら、一度火を止めて材料Aを順番にフライパンに入れる。全体を混ぜて、再度中火にかける。

⑨材料Bの片栗粉と水を混ぜておく。煮立ってきたら強火にして、材料Bの酒を入れて全体になじませ、水溶き片栗粉を入れる。最後にごま油で味を調えたら完成。

構成/文 藤原綾
撮影 片岡祥
コーディネート 中林友紀
取材協力 奥村知花

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

高橋文哉

たかはし・ふみや●2001年3月12日生まれ、埼玉県出身。17年「男子高生ミスターコン2017」でグランプリを受賞。18年4月に、劇団Allen『大正浪漫探偵譚-六つのマリア像』にて舞台デビュー、同年同月『得する人損する人』(日本テレビ系)の料理対決に出演。イケメン高校生料理人として勝利を収める。同年7月『太陽とオオカミくんには騙されない』(AbemaTV)に出演し、さらなる人気を博す。雑誌『JUNON』や『Popteen』にも登場し、ティーンを中心に圧倒的支持を得ている。18年12月15日に放送された『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)、19年3月22日には『ヒルナンデス!!』生放送にも出演し、料理人俳優として話題となり注目を浴びる。

週間ランキング 今読まれているホットな記事