よみタイ

CITY BOYおじさん 湖畔でデュアルライフはじめました。

真夏の大冒険! 湖上で楽しむ最強のウォーターアクティビティとは何か?

犬にも子供にも大人気! 不沈カヤックは安定感抜群ゆえに安心して遊ぶことができる

マイカヤック・ラグーン2は、想像以上に快適な船でした。
どんなものかな〜と様子を見ながら恐る恐る乗り込んでいると、何にでもグイグイと鼻を突っ込んでくる愛犬が走ってきて、さっそく前のシートに飛び込んできました。
そんなこともあろうかとあらかじめ用意していた犬用ライフジャケットを着させて一緒に沖へ乗り出すと、まあ愉快なこと。

愛犬も“カヤックドッグ”デビュー
愛犬も“カヤックドッグ”デビュー

シートクッションを含め空気室は5つに分かれているので、もし沖でどれかがパンクしたとしても沈没する心配はなく、岸まで帰ってくることができるようです。
もちろん乗るときはライフジャケットが必須ですが、このカヤックは安定感抜群なので、よほどのことがない限りエマージェンシーに陥ることはないでしょう。
子供にも安心して貸すことができます。
中一と小六の女の子が二人で「よし、あそこの岸まで」などと目標を定めてパドルを漕いでいる様子を見ていたら“12歳、真夏の小冒険!”という感じで実に微笑ましい気分になりました。

タンデムで沖に漕ぎ出す子供達
タンデムで沖に漕ぎ出す子供達

水中に落下するのが前提のSUPもまた楽しいのですが、真夏にしか遊べません。
その点カヤックは乗り込む際の浸水さえ気をつければ、水に濡れずに遊ぶことができます。
夏が終わって紅葉の季節になったら、湖の真ん中から山の景観を楽しむこともできるでしょう。
年によっては湖面が部分的に氷結する真冬はさすがにその気にはならないでしょうが、春は湖上から花見も楽しめそうです。
お弁当やコーヒーの水筒を積んで漕ぎ出し、湖上ピクニックとしゃれ込むのもまた楽しからずや。
もちろん、山中湖名物のワカサギ釣りも計画しなければ。

ああ、夢が広がる。
いいもの買ったぜ。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント
佐藤誠二朗

さとう・せいじろう●児童書出版社を経て宝島社へ入社。雑誌「宝島」「smart」の編集に携わる。2000~2009年は「smart」編集長。2010年に独立し、フリーの編集者、ライターとしてファッション、カルチャーから健康、家庭医学に至るまで幅広いジャンルで編集・執筆活動を行う。初の書き下ろし著書『ストリート・トラッド~メンズファッションは温故知新』はメンズストリートスタイルへのこだわりと愛が溢れる力作で、業界を問わず話題を呼び、ロングセラーに。他『糖質制限の真実』『ビジネス着こなしの教科書』『ベストドレッサー・スタイルブック』『STUSSY2017 FALL/HOLIDAY COLLECTION』『DROPtokyo 2007-2017』『ボンちゃんがいく☆』など、編集・著作物多数。

ツイッター@satoseijiro

週間ランキング 今読まれているホットな記事