よみタイ

CITY BOYおじさん 湖畔でデュアルライフはじめました。

シカの角を探しに入った山の中で、発見した超・意外なモノとは

妻が倒木の下で発見したのは、シカの角でも骨でもなく……

頼みの綱であった犬が戦力外となったら、もはや我が家はただの木偶でくの坊集団。
それでも頑張って目を凝らし、枯れ枝や枯葉に紛れて落ちているかもしれないシカの角を探します。
うたえもんさんの指し示す先には、シカが角で木の皮を削った跡やイノシシのフン、いささかグロいのでお見せできませんが、まだ肉のついている小鹿の死骸などが次々と現れ、獣の気配は一層強くなっていきます。

よりディープなフォレストへ。
よりディープなフォレストへ。
シカが角を研いだあとの残る木の幹。
シカが角を研いだあとの残る木の幹。

またあるポイントで、他の参加者がシカの脚らしき長細い骨を発見。
すると我が娘はすかさず同じエリアを探索し、小さな骨のカケラを拾い上げました。
でかした! これで我が家もボウズだけは免れました。
普段であれば「これ、あげる」と言われても間違いなくお断りするような、文字通りどこの馬の骨ともわからぬ小さな骨片ですが、何かすごい宝物を見つけたような気分になりました。

シカの脚らしき骨。
シカの脚らしき骨。
娘が拾った小さな骨片。
娘が拾った小さな骨片。

「よし。次はいよいよ角だ!」と、さらに真剣に探すこと約10分。
今度は妻が倒木の下に何やら発見したらしく、大きな声で騒いでいます。
駆けつけると、そこには意外なものがありました。
ドローンです……。

あっ!
あっ!

プロペラやアームが折れて無惨にひっくり返っている、明らかな墜落機体。
拾い上げてみると、ドローンの世界でトップシェアを誇る中国メーカー・DJI製でした。それも、フラッグシップモデルのファントム。
きっとコントロールを失ったかバッテリー切れになり、ここに落ちてしまったのでしょう。
僕はガジェット好きなので、一瞬「すげ!」と気持ちがアガりましたが、今回の探し物はこれじゃありません。

それにしても、持ち主は相当なショックだったことでしょう。
なんたって20万円もする、ガチなドローンですから。
妻ちゃんよ。エラいもの発見してしまったね。

DJI社製のドローン墜落機体。
DJI社製のドローン墜落機体。

そんなこんなで予定の2時間が終了しました。
我が家の収穫は、娘が見つけた小さな骨のかけらと、妻が見つけた墜落ドローンだけでした。
シカの角は発見ならず。無念。
でもツアー全体では、大きなシカの角一本と、いくつもの骨が見つかりました。
やっぱり、あるところにはあるんです。

皆で見つけた収穫物。
皆で見つけた収穫物。
シカの角を発見した名コンビ。
シカの角を発見した名コンビ。

個人的には不完全燃焼ですが、まあ、他の人が発見するのを見られただけでよしとしましょう。
うちは、ドローンを見つけたし。
やや困った表情のうたえもんさんから「これ、どうします? 持っていきますか?」と聞かれ、「いや結構です」と処分を託してきましたが。

参加賞は、シカの肉でこしらえた犬用ジャーキーでした。
たいして働かなかったくせに、愛犬クウは大喜びでたいらげました。まったくかわいいやつだ。

参加賞の鹿肉ジャーキー。
参加賞の鹿肉ジャーキー。

最後に、うたえもんさんから伝言です。
林道や登山道を外れた場所を歩くと、崖や獣(近くにはクマもいる!)など多くの危険要因があるため、勝手に山へ入りシカの角を探す行為は、決してしないでいただきたいとのこと。
THE HIGHEST PEAKのツアーは近隣住民や組長、有害駆除をしている猟友会の了承を得たうえで、ガイドが安全に配慮して催行しているのだそうです。

連載初回「東京で生まれ東京に骨を埋めると思っていた僕が、デュアルライフを選んだ理由」はこちらから
本連載は隔週更新です。次回は6/23(水)公開予定。どうぞお楽しみに!

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

佐藤誠二朗

さとう・せいじろう●児童書出版社を経て宝島社へ入社。雑誌「宝島」「smart」の編集に携わる。2000~2009年は「smart」編集長。2010年に独立し、フリーの編集者、ライターとしてファッション、カルチャーから健康、家庭医学に至るまで幅広いジャンルで編集・執筆活動を行う。初の書き下ろし著書『ストリート・トラッド~メンズファッションは温故知新』はメンズストリートスタイルへのこだわりと愛が溢れる力作で、業界を問わず話題を呼び、ロングセラーに。他『糖質制限の真実』『ビジネス着こなしの教科書』『ベストドレッサー・スタイルブック』『STUSSY2017 FALL/HOLIDAY COLLECTION』『DROPtokyo 2007-2017』『ボンちゃんがいく☆』など、編集・著作物多数。

週間ランキング 今読まれているホットな記事