よみタイ

MB「新潟出身の服バカが年商1億以上を稼ぐまで~ 小学生でもわかるMBのビジネス成功論」
特別な技術や才能、学歴がなくても結果を出すことはできる……地方のショップスタッフからスタートし、今や年商1億以上をあげるまでにいたったMBの仕事術とは? 自身の経験から培った、結果を出すための「特別な思考と行動」について語るMB的ビジネス成功論。

お金を求めるほどにお金は逃げていく~前例踏襲主義の間違いを暴く~

どうして世の中はこうも前例踏襲主義に浸かっているのでしょうか。

考えてもみてほしい。成功している人は皆独自性があり、差別化があるからこそ成功しているではありませんか。
どうして皆公務員でもないのに右倣えで前例ばかりを見てしまうのか。
前例踏襲している限り、独自性は生まれにくく、差別化は進みにくく、成功は見えないはずなのに。

今ビジネスが上手く推移していない人に是非参考にしてほしいこと

もちろん物事は一度やってみなければわからない。
何一つアイディアが浮かばない時、何一つ差別化が思いつかない時、「まず誰かの成功をトレースしてみる」というのは大事なことです。
その意味で一旦前例に「触れる」のは良いでしょう。
しかしそのまま延々と同じようなことをし続けて「おかしいな」「思ったより成果が出ないな」と首を傾げながらも、改善も修正もしないのは一体どういうことなのか。

Youtuberが人気が出たからと、何故皆同じようにYoutuberになってしまうのか。
Instagramが人気が出たからと、何故皆同じようにInstagramerになってしまうのか。

どうして皆同じようなコンテンツばかりを量産してしまうのか。
どうして皆似たようなセリフばかりを喋ってしまうのか。

ここでビジネスをもう一度再定義したい。
今ビジネスが上手く推移していない人は是非参考にしてほしい。
前例踏襲じゃ上手くいかないことの論拠をここでしっかり示すので、読んだ人は必ず自分の仕事に活かしてください。

ビジネスとはそもそも何なのか?

ビジネスとはそもそも何なのか?

要素はいくつかありますが、私が重要としているところは絞られます。

ビジネスとは人を幸せにすることである

これはもう疑いようもない事実であり、極めて基本的な定義だと思います。

ビジネスとは顧客の幸せを作り出すこと。
世の中を斜めに見てる人からするときれい事に聞こえるかもしれませんが、単なる事実です。きれい事ではありません。

飲食業界は「おいしい」という感情を引き出して顧客を幸せにすることが仕事、
アパレル業界は「俺イケてるかも」という感情を引き出して幸せにする、
保険業界は「もし万が一何かあっても大丈夫」という”安心”という幸せを提供する。

ごく一部のビジネスを除いて9割以上がこれに当てはまります。
我々の仕事は「金を稼ぐこと」でも「前例を踏襲する」ことでもない、「人を幸せにする」ことが根源的な要素です。

では目的が決まれば、次は方法論です。

「人をいかにして幸せにするのか」と考えましょう。
これが具体的なビジネスの手法へとつながるはずですね。

人を幸せにするためには何らかの価値を提供する必要があります。
洋服屋さんならかっこいい洋服を提供します。
飲食業ならおいしいご飯を提供します。
保険屋さんなら確かな安心を提供します。

しかし世の中は、ある程度こうした価値で埋め尽くされていますね。
洋服はこの世の中にゴマンとあり、飲食店は星の数ほど存在する。
価値とは相対的なものですから、同じような価値を提供してしまったら、その価値は薄れていきます。

同じようなTシャツがどこに行っても並んでいたら価値は下がってしまうでしょう?
顧客の喜びは薄れてしまいますね?
これが資本主義経済です。

自由競争市場であるからこそ、常に新しい価値を求めることがビジネスにおいて必要です。
なにしろ同じことをし続ければ徐々にその価値は下がっていくのですから。
どうしてアパレルが毎年新作を出すのか、考えてみればわかることですね。

・ビジネスとは人を幸せにすることである
・人を幸せにするためには常に新しい提案をし続けなければならない

この大原則は理解できると思います。さてここでもう一度問います。どうして皆これら大原則にわざわざ反して「前例踏襲主義」なのでしょうか?

1 2

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

MB

エムビー●誰もが理解できる「オシャレの教科書KnowerMag」を運営。視覚効果や印象論などをベースにしたロジカルなファッション指南が好評を博す。「最速でおしゃれに見せる方法」「ほぼユニクロで男のおしゃれはうまくいく」などメンズファッション書籍の多数のベストセラー他、漫画「服を着るならこんなふうに」、ライトノベル「魔王は服の着方がわからない」などの原作監修も含め、関連書籍は累計100万部を突破。月額500円のメールマガジンは個人配信では日本1位を記録、月額5千円のオンラインサロン「MBラボ」も常に満員御礼状態に。自身のブランド「MB」発のオリジナルアイテム、フリークスストア、アダムエロペ、ステュディオス、しまむら、紳士服のAOKIといった大手ブランドとのコラボアイテムも爆発的な売上を記録している。
公式サイトhttp://www.neqwsnet-japan.info/

Twitter https://twitter.com/MBKnowerMag

週間ランキング 今読まれているホットな記事