よみタイ

MB「新潟出身の服バカが年商1億以上を稼ぐまで~ 小学生でもわかるMBのビジネス成功論」
特別な技術や才能、学歴がなくても結果を出すことはできる……地方のショップスタッフからスタートし、今や年商1億以上をあげるまでにいたったMBの仕事術とは? 自身の経験から培った、結果を出すための「特別な思考と行動」について語るMB的ビジネス成功論。

顧客のためを考えて提案する「LTV」(Life Time Value 顧客生涯価値)の基本思考

「Tシャツしか置いていない洋服屋さん」
「レザーしか置いていない洋服屋さん」
「チノパンしか置いていない洋服屋さん」
などをあなたは見たことがあるでしょうか?

…勿論ほとんどないはずですね。

ビジネスは顧客の成長と関心に応じたサービスを行うのが基本

洋服屋さんは基本的にLTV(顧客生涯価値)を想定した商品展開になっています。

そのお店やブランドのことを知らずにふらりと入店してきた人にいきなり10万円のレザージャケットを提案するわけにもいきませんね?
一見さんに「お客様、うちの店のレザーを是非買ってください」なんて提案する販売員がいたらソイツは即クビです。

どんな販売員でも同じですが、一見さんには買いやすい3000円程度の低価格なTシャツや小物を提案し、まずはブランドやお店を知ってもらう。
次に来店してきた際には「先日お買い上げいただいたTシャツにはこちらのチノパンがよく合いますよ」と、7000〜8000円程度の中価格帯の商品を提案します。

そうして何度か来店いただくうちに「〜〜さんには、是非うちの珠玉のアイテムであるレザーをお召しいただきたいのです」と、初めて10万円クラスの商品を提案することになります。

ビジネスはこうした「顧客の成長/関心度に応じた商品/サービス提案を行う」のが基本です。

いきなり「レザー」などの高単価なものを売っても受け入れられることはありませんし、もしくは「3000円のTシャツだけ」という構成ではすぐにお客様は離れてしまいます。
Tシャツから入って、チノパンに行き、最後はレザーを手に入れる…といった顧客成長の導線があるお店やブランドは顧客一人当たりの売上(LTV)が最大化できるもの。
優れたブランドであるほど、この構造を丁寧に作り込んでいます。

さて、実は私やホリエモンこと堀江貴文さんなどもこうした構造を作り込んでいます。

1 2 3

[1日5分で、明日は変わる]よみタイ公式アカウント

  • よみタイ公式Twitterアカウント
  • よみタイ公式Facebookアカウント

関連記事

新刊紹介

よみタイ新着記事

新着をもっと見る

MB

エムビー●誰もが理解できる「オシャレの教科書KnowerMag」を運営。視覚効果や印象論などをベースにしたロジカルなファッション指南が好評を博す。「最速でおしゃれに見せる方法」「ほぼユニクロで男のおしゃれはうまくいく」などメンズファッション書籍の多数のベストセラー他、漫画「服を着るならこんなふうに」、ライトノベル「魔王は服の着方がわからない」などの原作監修も含め、関連書籍は累計100万部を突破。月額500円のメールマガジンは個人配信では日本1位を記録、月額5千円のオンラインサロン「MBラボ」も常に満員御礼状態に。自身のブランド「MB」発のオリジナルアイテム、フリークスストア、アダムエロペ、ステュディオス、しまむら、紳士服のAOKIといった大手ブランドとのコラボアイテムも爆発的な売上を記録している。
公式サイトhttp://www.neqwsnet-japan.info/

Twitter https://twitter.com/MBKnowerMag

週間ランキング 今読まれているホットな記事